1. 印刷通販デジタTOP
  2. シール・ステッカー印刷TOP
  3. ステッカー紙種選択
  4. 標準品質と高品質の違いについて

専門ソフト不要!

デザインシミュレータ

簡単操作でそのまま注文

簡単注文

使用用途から選ぶ

紙種別耐候年数表

作ってみたいを応援!印刷の豆知識!

作ってみたいを応援!印刷の豆知識!

同人グッズはデジタクリエイト

NP掛け払い

シール印刷にご利用可能なクレジットカード

公式SNSアカウント

印刷以外のサービス

シール印刷のデジタコーポレートサイト

digitagames

UVステッカーの注意点

ステッカーの端から2mm以上の余白が必要です

UVステッカー印刷はインクの特性上、端まで印刷をした場合に「インク剥がれ」や「インクの割れ」が起きる可能性があるため、必ずステッカーの端(カットライン)から2mm以上の余白を設けてください。余白が2mm以上無いデータはデータ不備となり納期に遅れが生じる可能性がございます。
フチまでのデザインをご希望の場合は、通常の屋外用ステッカー「透明塩ビ」からご注文ください。

透明塩ビ(UVステッカー)の入稿データ例

標準品質と高品質の違いについて

素材自体は標準品質も高品質も同じものを使用している為、耐候性や光沢感に違いはありません。
主な違いとして、印刷のキメの細かさがあげられます。小さい文字や細かい模様などがあり、近づいて見る場合は高品質。距離をおいて全体を見る場合は標準品質と用途によって分けることをオススメします。
詳しくは下図をご確認ください。

60cmの距離で全体を撮影




標準品質を60cmで撮影


高品質を60cmで撮影

さらに至近距離で撮影

標準品質を至近距離で撮影した文字

高品質を至近距離で撮影した文字

標準品質を至近距離で撮影した写真

高品質を至近距離で撮影した写真

標準品質を至近距離で撮影した文字と写真

高品質を至近距離で撮影した文字と写真

\ご注文前にご確認ください!/

注意事項を確認