【Tシャツ印刷】カットパスについて

  1. オリジナルTシャツプリントTOP
  2. テクニカルガイド
  3. カットパスについて

専門ソフト不要!

デザインシミュレータ

簡単操作でそのまま注文

テンプレートダウンロード

新作入荷商品

おすすめ特集

人気ランキング

SDGs特集

作ってみたいを応援!印刷の豆知識!

作ってみたいを応援!印刷の豆知識!

同人グッズはデジタクリエイト

NP掛け払い

シール印刷にご利用可能なクレジットカード

公式SNSアカウント

印刷以外のサービス

シール印刷のデジタコーポレートサイト

カットパスについて

カットパスとは、カットの形状を指示する線(カットライン)を形成しているパスのことです。

デジタでは熱転写プリントにおけるカットパス数の上限を、1つの印刷箇所につき40パス以内としています。

40パスを超える複雑な形の場合は、カットに膨大な時間が掛かってしまう為お受けしておりません。
40パスを超えるデータに関しては、お客様よりパスを減らしていただいたデータを再度入稿していただくことになります。

形状の例とパス数の算出方法については下記をご覧下さい。

1つの印刷箇所につき40パス以内でデザインを作成

40パス以内

40パスを超えるデータはNG

40パス以内の単純な形

パスの算出方法

上部メニューのウィンドウよりドキュメント情報を選択します。

ウィンドウ > ドキュメント情報

ドキュメント情報のメニュータブからオブジェクトを選択します。

ドキュメント情報 > オブジェクト

カットライン(仕上がり線)を選択するとパス情報の中に
クローズパスのポイント数が表示されます。

クローズパスのポイント数がカットパス数となります。