【Tシャツ印刷】ozオンスとは

Tシャツ印刷のデジタホーム > テクニカルガイド > Tシャツに関する基礎知識 > オンス(oz)とは

テクニカルガイド(制作時の注意点)

オンス(oz)とは

Tシャツやポロシャツの商品名に「4.7オンス」や「6.2オンス」と記載されていますが、この「オンス(oz)]は生地の厚さを表す単位として記載されています。
正確には重さを表す単位面積(oz/yd2)です。
日本では重さといえばグラム(g/㎡)が一般的ですが、Tシャツはアメリカから普及した製品なので、現在でもヤード・ポンド法の「オンス・パー・スクウェア・ヤード(oz/yd2)」で略して「オンス(oz)」が一般的な表記になっています。



この数値が大きくなるほど重くなり、生地は厚くなります。

3.5オンス〜4.9オンス

薄手から厚手の生地になります。一般的なTシャツ生地のイメージで、夏場は涼しく寒い季節ではアンダーウェアとして使用でき、通年活躍する凡用性の高い生地の厚さです。




5.0オンス〜7.9オンス

へビーウェイトと呼ばれる厚手生地になります。 編み立て糸が太く、型崩れが少ない耐久性のある生地厚です。中でも、6.5オンス以上は、スーパーへビーウェイトと呼ばれ重圧感のある生地で最高クラスの厚さとなります。




8.0オンス〜13.0オンス

スウェット(トレーナー)生地となります。裏パイル(裏毛)や裏起毛があり吸湿性・保湿性に優れた生地です。

厚みの測り方




テクニカルガイドTOPへ

<<戻る