1. 印刷通販デジタTOP
  2. ご利用規約

ご利用規約

ご利用規約内容(ご注文前に必ずお読みください)

デジタ商品ご注文の前に以下の説明をを必ずお読みください。
デジタ(以下弊社)の運営する通販をご利用されるお客様はすべて以下の通販規約ならびに保証規定に同意されたものとします。

デジタは常に低価格・短納期で印刷を行っております。
激安印刷のサービスを提供し続けるために以下のような規定を設けております。ご理解の上ご発注ください。

各規約へのリンク

■デジタ利用規約

  • 第1条(通則)
  • 1. 株式会社デジタ(以下、「デジタ」という)が運営するデジタのウェブサイト、モバイルサイト(以下、「本サイト」という)およびアプリにおいて提供するサービス(以下、「本サービス」という)の利用について、以下のとおり、デジタ利用規約本則(以下、「本則」という)を定めます。
  • また、本サービスのご利用において、本則とは別に、個別の規約(個人情報取扱規約を含み、その他デジタが本則を補完するために設けるガイドライン、ルールを総称して「個別規約」という)が存在する場合、個別規約は、本則と一体となって一つの規約(以下、「本規約」という)を構成します。
  • お客様が、本サービスをご利用になるには、本規約を承認していただく必要があります。
  • なお、本則と個別規約が抵触する場合は、個別規約が優先して適用され、その他の部分については、本則と個別規約が同時に適用されるものとします。
  • 第2条(定義)
  • 1. 本則において、次の用語は、次の各号に定める意味で用いるものとします。
  • (1)「利用者」とは、本則を承認のうえ、本サービスを利用する(本サイトの閲覧も含みます)個人または法人・機関・団体(以下、「法人」という)を指します
  • (2)「会員」とは、本サービスにおいて商品の申し込みまたはデジタが会員に提供するポイントやマイページを利用するため、本則に同意し、デジタが定める所定の手続きにより会員登録を申し込み、デジタがこれを承諾した利用者を指します
  • (3)「商品」とは、印刷物などの物品、権利、デジタルコンテンツおよびサービスを総称していいます
  • (4)「コンテンツ」とは、本サービスに含まれるデザインテンプレート、イラスト・写真素材、原稿データ入稿用のテンプレート、Webデザインツール等のソフトウェア、本サイトのコンテンツ、文章、画像、動画、プログラム、商標、広告等を指します
  • (5)「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの登録等を出願する権利を含む。)を指します
  • 第3条(本規約の適用および変更)
  • 1. 本規約は、デジタと利用者の間の一切の関係に適用されるものとします。
  • 2.デジタは、利用者に個別の了解を得ることなく本規約を変更できるものとし、当該変更内容を本サイトに掲載することにより、直ちに発効するものとします。
  • 第4条(本サービスの利用資格および条件)
  • 1. 利用者は、本規約に同意し、自己の責任において本サービスを利用するものとします。
  • 2. 利用者は、過去、現在または将来にわたって、暴力団等の反社会的勢力に所属せず、これらのものと関係を有しないものとします。
  • 3. 利用者は、デジタが本サイトのコンテンツの表示制御にCookie(クッキー)およびJavaScript(ジャバスクリプト)を使用することに了承し、デジタが別に定める利用推奨環境において本サービスを利用するものとします。
  • ただし、サービス個別に独自の機能を提供するため、利用推奨環境が異なる場合は、当該サービスにおいて利用推奨環境を表示するものとします。
  • 4. デジタは、本サービスの利用において、商品の注文を会員に限定するなど、利用に際して条件を付すことができるものとします。
  • 第5条(本サービスの変更および一時停止、廃止)
  • 1. デジタは、利用者に事前の予告なく、本サービスの内容やデザインを変更できるものとします。
  • 2. デジタは、下記の各号のいずれかに該当する場合は、利用者に事前の予告なく、本サービスの一部または全体を一時停止または廃止できるものとします。
  • (1)本サービスを提供するために必要なシステム環境の定期的または緊急的なメンテナンスを実施する場合
  • (2)デジタの責に帰すべき事由か否かに関わらず、システム環境または通信回線等に支障が発生した場合
  • (3)利用者からのアクセスやサービス利用が集中するなど、デジタの対応範囲を超える場合
  • (4)火災、停電が発生した場合
  • (5)地震、洪水、津波、噴火等の天災地変が発生した場合
  • (6)戦争、暴動等が発生した場合
  • (7)個人情報の漏洩などのセキュリティ事故が発生した場合
  • (8)その他、デジタが本サービスの運営が困難と判断した場合
  • 第6条(個人情報の取り扱い)
  • 1. 本サービスの利用においてデジタが知り得た利用者の個人情報については、デジタが別に定める個人情報取扱規約に従って取り扱われるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
  • 2. デジタのカスタマーサポート電話窓口では、利用者への応対品質とサービスの改善につなげるため、通話内容を録音しております。
  • 第7条(秘密情報の取り扱い)
  • 1.本サービスの利用においてデジタが知り得た利用者の秘密情報については、デジタが別に定める安全管理規定に従って取り扱われるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
  • 第8条(知的財産権)
  • 1. 本サービスに含まれるコンテンツに関する知的財産権は、デジタまたは当該コンテンツを制作および提供した著作者もしくは著作権者に帰属します。
  • 2. 利用者は、コンテンツの知的財産権を有するデジタまたは第三者から明示的に承諾を受けた場合を除き、本サービスの利用以外のいかなる目的であってもコンテンツ(一部または全部に関わらず)を利用し、または第三者の利用に供することはできないものとします。
  • 第9条(禁止事項)
  • 1. デジタは、利用者の行為が、下記の各号のいずれかに該当する場合は、本サービスの一時停止または利用契約の解除をすることができます。
  • (1)本規約またはデジタ会員規約に違反する全ての行為
  • (2)法令または公序良俗に反する行為、または恐れのある行為
  • (3)暴力的要求行為または反社会的行為、または恐れのある行為
  • (4)デジタおよび第三者の知的財産権などの権利を侵害するなど行為、または恐れのある行為
  • (5)デジタおよび第三者の名誉や信用を毀損する行為、または恐れのある行為
  • (6)デジタのサーバーまたはネットワークに著しく負荷をかける行為
  • (7)コンピューターウィルス等を使用する行為
  • (8)本サービスの運営を妨害する行為、または恐れのある行為
  • (9)上記各項に定める禁止行為に関与する行為、助長する行為
  • (10)その他、デジタが不適当と判断する行為
  • 第10条(利用者の責任)
  • 1. 利用者は、本サービスの利用に関連して、デジタに損害を与えた場合、デジタに対して、その一切の損害を補償するものとします。
  • 2.利用者は、本サービスの利用に関連して、第三者からのクレームを受けた場合および当該第三者との紛争に発展した場合、自己の費用と責任において、これを解決するものとします。
  • 第11条(非保証・免責)
  • 1. デジタは、本サービス内容等の変更または一時停止や廃止を実施したことによって、利用者に損害が生じた場合でも、一切の責任は負わないものとします。
  • 2. デジタは、コンテンツの正確性、適法性については、一切保証しないものとし、利用することによって発生した損害に対して、一切の責任を負わないものとします。
  • 3. 利用者は、本サービスの利用にあたり、自らデータをバックアップするものとし、デジタは、利用者が、自らバックアップしなかったことにより被った損害・損失に対して、一切の責任を負わないものとします。
  • 4. デジタは、利用者が第三者の名誉や信用を毀損したり、知的財産権などの権利を侵害したりして発生した紛争・損害等に対して、一切の責任を負わないものとします。
  • 5. 本サービスに関連して会員が被った損害・損失に対して、デジタは故意または重過失による場合を除き、一切の責任を負わないものとします。
  • 第12条(専属的合意管轄裁判所)
  • デジタと利用者との間で訴訟の必要が生じた場合、岐阜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  • 第13条(準拠法)
  • 本規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。
  • 2018年08月09日 制定・施行

■デザインテンプレートおよびWEBデザインツールご利用規約

  • 本規約は、株式会社デジタ(以下、「デジタ」という)が提供する「デザインテンプレート」およびWEBデザインツール(以下、両サービスを合わせて「本サービス」という)をご利用いただく際の、利用者とデジタ間の一切の関係に適用されます。
  • 第1条 利用範囲
  • 本サービスを利用する際、利用者は別途デジタが定める「デジタ利用規約」を承認するものとします。
  • 第2条 著作権、肖像権およびパブリシティー権
  • 本サービス内でデジタが提供するテンプレートのデザイン、フォント、写真素材、イラスト等の著作権は、別途デジタが提示する「デジタ利用規約 第8条(知的財産権)」に準じるものとします。また、利用者がアップロードする下記に示すような写真、イラスト、マーク等(ただし、下記例示に限らない。)について、著作権、肖像権、パブリシティー権、商標権等の知的財産権に関する問題が生じたとしても、デジタは一切責任を負わないものとします。
  • 1. 許可のない登録商標、不正競争防止法に違反する表示、実物に酷似したロゴマーク・キャラクター等。
  • 2. 許可なく撮影された著作物や人物の容姿が特定できる画像等。
  • 3. 有名人やキャラクター、特定の建造物の画像や名称等で許可のないもの。
  • 第3条 仕上がりイメージ確認及び品質
  • 1. 利用者は、印刷注文を行う前に、本サービスが提供するモニター画面でのプレビューまたはプリンターからの出力物で仕上がりイメージを確認するものとします。ただし、これらのプレビューおよび出力物で確認できるのは、レイアウト・文章や価格・写真に誤りがないことまでであり、デジタが製造する印刷物の品質までを保証するものではありません。製品品質に関する疑義が発生した場合、別途デジタが提示する「デジタご注文規約 第13条(商品の検収・交換等)」に準じるものとします。
  • 2. 印刷・製造工程に進行した後に、利用者の作成したデザインに不備などが発見された場合、デジタは一切責任を負わないものとします。 ただし、システムの不具合などデジタの責任が明白な場合はこの限りではありません。
  • 第4条 デザインの保管
  • 本サービスで作成されたデザインはデジタ会員のマイページに最大20個まで保存され、会員は増刷や修正等の必要に応じて、これを利用することができます。ただし、必ずしもデータの保持、維持を保証するものではありません。また、会員が何らかの理由で退会した場合、会員資格を取り消された場合、またはサービス内容変更などの理由により、デジタはマイページのアカウント及びそこに保存されたデータを、会員の許可無く削除することができるものとします。
  • 第5条 データ類の納品
  • 本サービスは、デジタで印刷をご注文いただくための付帯サービスであり、それ以外での利用は想定しておりません。そのため、本サービスで作成されたデザイン・レイアウトデータ類(付随するデータも含む)単体での納品は行いません。
  • 2018年08月09日 制定・施行

■ご注文規約

  • 第1条(通則)
  • 1. 株式会社デジタ(以下、「デジタ」という)は、ウェブサイト、モバイルサイト(以下、「本サイト」という)およびデジタが本サイトを通じて提供するサービス(以下、「本サービス」という)でのご注文について、以下のとおり、ご注文規約(以下、「本則」という)を定めます。 また、本サービスのご利用において、本則とは別に、個別の規約(デジタ利用規約、デジタ会員規約、個人情報取扱規約を含み、その他デジタが本則を補完するために設けるガイドライン、ルールを総称して「個別規約」という)が存在する場合、個別規約は、本則と一体となって一つの規約(以下、「本規約」という)を構成します。 会員は、本則および個別規約の定めを遵守するものとします。 なお、本則と個別規約が抵触する場合は、本則が優先して適用され、その他の部分については、本則と個別規約が同時に適用されるものとします。また、本則に定めのない事項については、利用規約の定めに従うものとします。
  • 第2条(定義)
  • 1.本則において、次の用語は、次の各号に定める意味で用いるものとします。
  • (1) 「利用者」とは、個別規約に承認のうえ、本サービスを利用する(本サイトの閲覧も含みます)個人または法人・機関・団体(以下、「法人」という)を指します
  • (2) 「会員」とは、本サービスにおいて商品の申し込みまたはデジタが会員に提供するポイントやマイページを利用するため、本規約に同意し、デジタが定める所定の手続きにより会員登録を申し込み、デジタがこれを承諾した利用者を指します
  • (3) 「商品」とは、印刷物などの物品、権利、デジタルコンテンツおよびサービスを総称していいます
  • (4) 「コンテンツ」とは、本サービスに含まれるデザインテンプレート、イラスト・写真素材、原稿データ入稿用のテンプレート、Webデザインツール等のソフトウェア、本サイトのコンテンツ、文章、画像、動画、プログラム、商標、広告等を指します
  • (5) 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの登録等を出願する権利を含む。)を指します
  • 第3条(本規約の適用および変更)
  • 1. 本規約は、デジタと利用者の間の一切の関係に適用されるものとします。
  • 2. デジタは、会員に個別の了解を得ることなく本規約を変更できるものとし、当該変更内容を本サイトに掲載することにより、直ちに発効するものとします。
  • 第4条(商品のお申込み)
  • 1. 本サービスにおける商品のお申込み(以下、「ご注文」という)は、本サイト上において所定の手続きによって受け付けるものとします。
  • 2. デジタは、会員に対して「注文内容のご確認」のメール送信をもって、ご注文受付を完了し、この時点で「ご注文日」が確定するものとします。
  • 3. 前項において受付が完了した当該ご注文に関し、デジタからの通知または連絡があった場合は、当該ご注文を行った会員が責任をもって確認・対応するものとします。なお、デジタは、第三者からの当該ご注文に関するお問い合わせについて、個人情報取扱規約に規定する例外的開示を除き、原則として一切対応することはいたしません。
  • 第5条(原稿データの入稿)
  • 1. 会員は、原稿データの入稿が必要な商品をご注文の場合は、サービスごとに定める方法に従って入稿するものとします。複数の商品をまとめてご注文の場合は、商品個別に対象となる原稿データをご用意ください。
  • 2. デジタは会員に対して「ご入稿完了」のメール送信をもって、当該商品の入稿受付を完了し、この時点で「入稿受付日」が確定するものとします。
  • 3. デジタは、入稿された全ての原稿データを審査(以下、「入稿審査」という)することができ、入稿審査の結果、下記の各号のいずれかに該当し、または該当する恐れがあると判断した場合は、入稿受付の完了後・ご注文の成立後であっても、当該原稿データの修正および再入稿の依頼または入稿審査不合格とすることができ、会員が再入稿する場合の入稿日は、再入稿日を基準として再計算されるものとします。
  • また、入稿審査不合格の場合の理由について、デジタはこれを開示する義務は負わず、また、入稿審査不合格の措置についてデジタは一切の責任を負いません。
  • (1)第三者の知的財産権、その他一切の権利を侵害するものである場合
  • (2)公序良俗に反するものである場合
  • (3)その他、本サービスを提供するのに不適切であるとデジタが判断する場合
  • 4. 入稿審査合格は、デジタが、原稿の内容の表現等について法令等に違反しないことを保証するものではありません。
  • 5. お客様が作成し、入稿頂いたデータの著作権はお客様、もしくは製作者様に帰属し、デジタに著作権が移動することはありませんが、デジタの「デザインテンプレート」およびWEBデザインツール内の素材やコンテンツは、デジタが作成したものであり、デジタに著作権が帰属します。
  • 6. デジタは、ユーザーから入稿頂いた印刷用データを厳重に保管し、増刷を目的としてこれを利用することができます。また、原則、ユーザーから入稿頂いた印刷用データを第三者に公開、貸渡、譲渡することはありませんが、ユーザーが関わる何らかの刑事事件が発生した際は、警察機関や調査機関等に対して印刷用データを公開する場合があります。
  • 第6条(性表現を含む原稿データについて)
  • 1. 会員は、刑法175条に抵触する「わいせつ図画」を含んだ原稿データは、会員の責任において適法性を確保できるレベルまで修正を行った上で入稿するものとします。
  • 2. 会員は、成人を対象とするべき性表現を含んだ原稿データは、18歳未満の未成年が閲覧しないよう、「18禁」「成人向け」等の対策を施した上で入稿するものとします。
  • 3.「刑法175条」「児童ポルノ法」等の法規制に抵触する内容を含む原稿データは入稿しないものとします。
  • 第7条(原稿データの完全性の保証)
  • 1. 会員は、原稿データについて、デジタが定める入稿ガイドラインに適合し、原稿の内容に前条第3項に挙げる表現等が含まれないこと(以下、これらの要件を完全に満たす原稿データを、「完全データ」という)を入稿前にチェックするものとし、その完全性について保証するものとします。
  • 2. デジタは、完全データについて、補充的にチェックを行うことがありますが(以下、「データチェック」という)、データチェックによって、原稿の完全性や、原稿の内容の表現等について法令等に違反しないことを保証するものではありません。また、データチェックは、入稿受付から24時間以内の完了を目標としていますが、それを保証するものではなく、それによって会員に発生した損害に対して、デジタは一切の責任を負わないものとします。(※デジタではお客様からご入稿頂いたバーコード及びQRコード、AR等の外部機器に対しての読み取り確認は行っておりません。お客様自身でご確認頂き、完全データとしてご入稿をお願い致します。印刷物の納品後にバーコード及びQRコード、AR等の読み取りが不可であった場合でも、弊社では一切責任を負うことはできませんのでご了承ください。)
  • 3. データチェックの結果、会員の入稿した原稿データに、入稿ガイドラインと適合しない部分やその他デジタが修正の必要があると判断する箇所(以下、「データ不備」という)を発見した場合、当該データ不備の修正および修正した原稿データの再入稿を依頼することができ、会員が再入稿する場合の入稿日は、再入稿日を基準として再計算されるものとします。その際に会員へ行う通知は、会員が注文時に指定する制作者情報の連絡先へ行うものとし、連絡先が複数ある場合の優先順位については、デジタがその時点において妥当と考える方法を選択できるものとします。ただし、会員が注文時に優先連絡先を指定している場合は、その指定に従うものとします。
  • 4. デジタは会員に対して「データチェック完了」のメール送信をもって、データチェック業務を完了するものとします。
  • 第8条(決済代金の入金)
  • 1. 会員は、ご注文に対してサービスごとに定める方法に従って決済するものとします。
  • 2. 決済代金は、下記の各号のいずれかに該当する場合、ご注文後でも金額が変動する場合があります。 決済代金が変動前よりも高くなった場合は、会員へ通知し、差額分について所定の方法で請求させていただきます。 また、決済代金が変動前よりも安くなった場合は、会員へ通知し、差額分についてポイントの発行または返金処理させていただきます。この返金処理に関する振込手数料は、会員の都合による変動であった場合は、会員が負担するものとし、それ以外の場合は、デジタが負担するものとします。
  • (1)ご注文後に、デジタの見積もりが必要となる場合
  • (2)ご注文後に、会員の都合によってご注文内容を変更する場合
  • (3)ご注文後のデータチェックにおいて、原稿データとご注文内容に不一致があった場合
  • (4)その他、デジタの止むを得ない事情により金額の変動が生じる場合
  • 3.決済方法が銀行振込の場合「ご入金確認完了」のメール送信をもって、当該ご注文の決済代金全額についての入金確認を完了し、この時点で「ご入金確認日」が確定するものとします。
  • 第9条(ご注文の成立等)
  • 1. デジタは、当該商品のデータチェックが完了したこと(データチェックを不要とする商品の場合を除く)、かつ、当該商品を含むご注文の決済代金全額が支払われたこと(ただし、決済代金が30万円未満の場合または後払いの合意がある場合を除く)を確認したときに、ご注文を承諾するものとします。その際、デジタは会員に対して「ご注文確定」のメールを発信し、このメール発信をもって、当該商品のご注文について印刷契約(以下、「商品個別契約」という)を成立させ、「受付日」を確定するものとします。
  • 2. 商品個別契約の成立前に限り、デジタの定めに従いキャンセルをすることができるものとします。 この場合、既に決済代金が入金されていた場合は、その入金金額をデジタの定める方法にて返金処理します。なお、返金にかかる振込手数料は、会員の負担とします。 また、デジタは、データチェック等の事前作業を完了していた場合、個別に規定する作業代金を会員へ請求できるものとします。 商品個別契約の成立(受付日の確定)後は、会員はいかなる理由があっても、キャンセルおよび解除をすることは出来ません。この場合において、デジタは会員より既に受領した決済代金を返還する義務を負わず、入金の確認ができていない決済代金があれば、会員は不足分を速やかにデジタへ入金するものとします。
  • 3. 商品のご注文日より、1週間以内に商品個別契約が成立しなかった場合、デジタが別途認めた場合を除き、会員によるご注文はキャンセルされたものとみなします。 なお、デジタは、このキャンセルにより会員に何らかの損害が生じた場合でも、一切の責任を負いません。
  • 4. デジタは、会員がデジタ会員規約の第10条の各号または第12条の各号のいずれかに該当する場合、または本規約第5条第3項または第6条に該当し、デジタが注文に応じられないと判断した場合は、製造工程進行後であっても、商品個別契約を取り消すことができるものとします。この場合において、デジタは会員より既に受領した決済代金を返還する義務を負わず、入金の確認ができていない決済代金があれば、会員は不足分を速やかにデジタへ入金するものとします。また、デジタは、商品個別契約の成立前であっても、データチェック等の事前作業を完了していた場合、個別に規定する作業代金を会員へ請求できるものとします。
  • 5. 決済代金が支払われ、個別契約が成立していたとしても、出荷日より6ヶ月を経過して会員が商品をお受け取りにならなかった場合、デジタは会員がその商品の所有権を放棄したものとみなし、デジタの判断でその商品を処分できるものとします。
  • 第10条(商品の価格表記)
  • 1. 本サイトの商品ページ、価格表ページおよび見積もりページ等(以下、「商品ページ」という)の価格は、消費税の税込み価格を表記しています。
  • 第11条(商品の配送)
  • 1. 商品の配送先は、日本国内の住所に限るものとします。
  • 2. 会員は、配送される商品の荷受人が会員自身と異なり、かつ、デジタが荷主として発送する場合、当該配送先の荷受人へ事前に説明し、了承を得るものとします。
  • 3. 商品の配送先変更の受付は、商品個別契約の成立までとします。ただし、マイページで変更が可能なときは、この限りではありません。
  • 4. デジタの商品は、一部地域を除き、デジタと契約を締結した配送会社の責任において、会員へ配送します。デジタは、配送会社の配送遅延について、一切の責任を負いません。配送にかかる事項は、配送会社が定める約款に従うものとします。
  • 5. 会員は、予期できない天候の変化、その他の天災地変および不慮の事故等(以下「天災地変等」といいます)により、商品の損傷・滅失が発生してしまった場合、デジタは会員へ通知し、改めて製造を行いますが、この場合の遅延について、あらかじめ了承するものとします。
  • 6. 会員は、天災地変等により商品の配送が不可能となった場合、デジタの判断により、前項の対応を採らず、会員の購入申込のうち天災地変等にかかる商品につき、キャンセルとする場合があることを、あらかじめ了承するものとします。
  • 第12条(配送料等の負担)
  • 1. 商品等の配送料は、デジタが商品ページに配送料の会員負担を明示した場合を除き、ご注文の決済代金が1,000円以上であることを条件として、配送先1箇所までを限度にデジタが負担するものとします。ただし、配送先が2箇所目以降は、1箇所につき1,500円の配送料を会員が負担するものとします。
  • 2. 会員が代金引換方式の決済方法を指定してご注文の場合、会員が代金引換手数料を負担するものとします。
  • 第13条(商品の検収・交換等)
  • 1. 会員は商品の到着日より1週間以内に商品を検査し、検収することとします。
  • 2. 本サービスは受注製造品の為、会員の都合による商品の返品および交換はできません。
  • 3. デジタは、品質管理について万全を期し、良品のご提供に最善を尽くしますが、会員が到着した商品の品質について疑義のある場合、当該商品と梱包材の一式を保存した状態で、当該商品の到着日より1週間以内に、デジタへ良品との交換を申し出ることができるものとします。ただし、下記の各号のいずれかに該当する場合、良品との交換を請求することはできません。
  • (1) 当該商品の到着日より1週間を超えて経過した場合
  • (2) 当該商品の一部でも使用した場合
  • (3) 当該商品への加工など、出荷時の状態から商品に変更を加えた場合
  • 4. デジタが商品状態を確認する必要があると判断した場合、会員に当該商品の返送を依頼できるものとします。この場合、会員は着払い伝票にて当該商品をデジタへ返送でき、配送料はデジタが負担するものとします。
  • 5. 下記の各号に該当する場合を除き、デジタが当該商品を不良品と判断した場合、良品と交換するものとします。この場合、原則として同一商品との交換となります。
  • (1)当該商品の状態が、デジタの基準範囲内であった場合
  • (2)その他、デジタの責めに帰すべからざる事由により、当該商品に破損や傷が生じた場合
  • 6. 前項において、デジタが当該商品を不良品と判断し、会員が良品との交換を希望しない場合、当該商品の入金金額について返金処理またはポイントの発行をさせていただくものとし、返金にかかる振込手数料は、デジタの負担とします。ただし、デジタが良品との交換を行う場合、当該商品についての返金対応は一切お受けできません。
  • 7. 商品個別契約に関連して会員が被った損害・損失に対して、デジタの責任は直接的損害および通常損害に限るものとし、その原因の如何を問わず、当該損害の起因となった商品個別契約に基づく対価を超えて(事業機会の損失、データの喪失、逸失利益、その他間接的、派生的、付随的な損害に対して)賠償・補償の責任は一切負わないものとします。
  • 2018年08月09日 制定・施行

■デジタ会員規約

  • 第1章 総則
  • 第1条(通則)
  • 1. 株式会社デジタ(以下、「デジタ」という)が運営するデジタのウェブサイト、モバイルサイト(以下、「本サイト」という)およびアプリにおいて提供するサービス(以下、「本サービス」という)の利用について、以下のとおり、デジタ会員規約本則(以下、「本則」という)を定めます。 また、本サービスのご利用において、本則とは別に、個別の規約(デジタ利用規約、個人情報取扱規約を含み、その他デジタが本則を補完するために設けるガイドライン、ルールを総称して「個別規約」という)が存在する場合、個別規約は、本則と一体となって一つの規約(以下、「本規約」という)を構成します。 会員は、本則および個別規約の定めを遵守するものとします。 なお、本則と個別規約が抵触する場合は、本則が優先して適用され、その他の部分については、本則と個別規約が同時に適用されるものとします。また、本則に定めのない事項については、利用規約の定めに従うものとします。
  • 第2条(定義)
  • 1. 本則において、次の用語は、次の各号に定める意味で用いるものとします。
  • (1)「利用者」とは、個別規約に承認のうえ、本サービスを利用する(本サイトの閲覧も含みます)個人または法人・機関・団体(以下、「法人」という)を指します
  • (2)「会員」とは、本サービスにおいて商品の申し込みまたはデジタが会員に提供するポイントやマイページを利用するため、本規約に同意し、デジタが定める所定の手続きにより会員登録を申し込み、デジタがこれを承諾した利用者を指します
  • (3)「商品」とは、印刷物などの物品、権利、デジタルコンテンツおよびサービスを総称していいます
  • (4)「コンテンツ」とは、本サービスに含まれるデザインテンプレート、イラスト・写真素材、原稿データ入稿用のテンプレート、Webデザインツール等のソフトウェア、本サイトのコンテンツ、文章、画像、動画、プログラム、商標、広告等を指します
  • (5)「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの登録等を出願する権利を含む。)を指します
  • 第3条(本規約の適用および変更)
  • 1. 本規約は、デジタと利用者の間の一切の関係に適用されるものとします。
  • 2. デジタは、会員に個別の了解を得ることなく本規約を変更できるものとし、当該変更内容を本サイトに掲載することにより、直ちに発効するものとします。
  • 第2章 会員
  • 第4条(会員)
  • 1. 会員は、本サイトにおいて会員登録をすることにより、本則に基づき、商品の申し込み、ポイント、会員マイページ、その他デジタが会員向けに提供する各種サービスの利用が可能となります。なお、会員登録は、1会員につき1件に限ります。
  • 第5条(会員登録)
  • 1. 利用者は、会員登録のお申し込みにあたり、本規約に同意し、デジタが求める利用者の情報を虚偽なく登録するものとします。会員登録手続きは、所定の登録フォームにより会員となる個人または法人自身が行うものとし、原則として、代理人による会員登録手続きは認められないものとします。
  • 2. 会員登録のお申し込みがあった場合、デジタは、相当と認めるときは「会員登録完了」のメールをもってこれを承諾し、当該メールの発信時点で会員登録のお申し込みをなされた利用者は会員としての地位を有するものとし、当該会員とデジタの間に本規約に基づく会員契約が成立するものとします。
  • 3. 法人として登録した会員(以下、「法人会員」という)は、デジタと法人会員の間に本規約に基づく契約が成立するものとします。
  • 4. 会員登録できる利用者の資格および条件は以下の通りです。
  • (1)本則およびデジタ利用規約を含む個別規約の全ての条項に同意していること
  • (2)既に本サービスの会員となっていないこと
  • (3)法人の場合、会員登録手続きを行う利用者が所属する法人の事前の了承を得ていること
  • (4)過去にデジタから会員資格の取り消しなどの履歴がないこと
  • (5)過去、現在または将来にわたって、暴力団等の反社会的勢力に所属せず、これらのものと関係を有しないこと
  • (6)未成年である場合には法定代理人の包括的な同意を得ていること
  • 5.会員登録および本サービスの利用においてデジタが知り得た会員の情報については、デジタが別に定める個人情報取扱規約に基づき取り扱われるものとし、会員はこれに同意するものとします。
  • 第6条(通知・登録情報の変更)
  • 1. デジタは、会員に対し、本サービスに関して(規約の改定、サービスの追加、変更および廃止等を含む)通知する場合、本サイトで行われるものとします。なお、当該通知が本サイトに掲載された時点をもって利用者への通知が完了したものとみなします。
  • 2. デジタは、会員に対し、当該会員より受け付けたご注文およびご契約に関して(注文内容のご確認、契約の成立等)通知する場合、デジタへ登録したメールアドレス宛に行うものとします。
  • 3. 会員は、会員登録のお申し込みにおいて、登録した内容に変更があった場合または誤りがあった場合には、速やかにマイページより所定のフォームから変更・修正を行うものとします。
  • 4. 会員は、前項の変更・修正を怠った場合に、デジタからの通知が不到達となっても、通知が発信されたときに到達したとみなされることをあらかじめ異議なく承認するものとします。
  • 第7条(退会)
  • 1. 会員が退会を希望する場合には、会員本人がマイページより所定の退会手続きを行うことで会員契約を解除し、退会できます。
  • 2. 会員が退会した場合には、当該会員に付与されたポイントの利用に関する一切の権利・利益を失うものとし、また、退会にともなってデジタに対して何らの請求も行うことはできないものとします。
  • 3. 退会後の個人情報の削除および保管期間に関しては、デジタが適当と判断する相当の期間について保管するものとし、その後、削除することに同意するものとします。
  • 第8条(ログインIDおよびパスワードの管理責任)
  • 1. 会員は、ログインIDおよびパスワード(以下、「アカウント」という)を他人に知られることがないよう定期的に変更する等、会員が自らの責任において使用し、管理するものとします。
  • 2. 会員は、本サービスに使用するアカウントと同一のIDまたはパスワードを他のサービスに使用してはならないものとし、同一のIDまたはパスワードを使用した結果発生した損害についてはすべて会員の責任とします。
  • 3. 会員が本サービスを利用するにあたって入力したアカウントが登録されたものと一致することをデジタが所定の方法により確認した場合、デジタは、会員による利用があったものとみなし、これらが盗用、不正使用その他の事情により会員以外の者が利用している場合であっても、これにより生じた損害については一切責任を負いません。会員はその不正利用に係るすべての損失を負担しなくてはなりません。
  • 第9条(地位等の譲渡禁止)
  • 1. 会員は、本規約に基づく会員としての地位および本サービスの利用により取得した権利の全部または一部について、第三者に貸与、譲渡、売買、転貸、質入その他形態を問わず処分することはできないものとします。但し、デジタの書面による事前の承諾がある場合を除きます。
  • 第10条(禁止行為)
  • 1. デジタは会員に対し、下記の各号に該当する行為を禁止するものとします。
  • (1) 不実の内容にて申し込みを行う行為
  • (2) 同じ利用者が、ポイントを取得する目的で入会、退会を繰り返す行為
  • (3) 本規約に違反する行為、またはその恐れがある行為
  • (4) アカウントを不正に使用し、または使用させる行為、またはその恐れがある行為
  • (5) サービスの運営を妨害する行為、またはその恐れがある行為
  • (6) 決済代金の全部または一部の支払いを行わない、あるいは遅延させる行為
  • (7) その他、デジタが不適当と判断する行為
  • 第11条(禁止行為に対する措置)
  • 1. 会員の行為が、本則第10条(禁止行為)に該当するとデジタが判断した場合、デジタは会員に対し、事前に通告することなく、かつ、会員の承諾を得ることなくして、下記の各号のいずれかまたはこれらを組み合わせた措置を講じることができます。デジタは、下記の各号に定める措置をとった場合において、当該会員が被った損害および不利益につき、何らの補償も行わず、一切責任を負わないものとします。
  • (1) 電子メール等による注意勧告または警告
  • (2) 取得ポイントの取り消し
  • (3) 会員登録の取り消し
  • (4) 上記各号の措置を講じたことに関する公表措置
  • 第12条(会員登録の取り消し)
  • 1. デジタは、会員が下記の各号のいずれかに該当する場合は、会員に事前の通知なく、会員契約の解除、および会員登録の取り消しを行う場合があります。これにより会員に何らかの損害が生じたとしても、デジタは一切責任を負わないものとします。
  • (1) 会員登録の資格・条件を満たさない場合、または満たさなくなった場合
  • (2) デジタからの電子メールを受領できない場合
  • (3) 会員登録日または最終注文日より3年以上ご利用がない場合。
  • (4) 民事保全、強制執行、滞納処分、特別清算手続、破産手続、会社更生手続または民事再生手続の申し立てがあった場合
  • (5) 手形・小切手不渡り、支払停止、または支払不能に陥った場合
  • (6) その他、デジタが当該会員の登録が不適切であると判断した場合
  • 第13条(会員の責任)
  • 1. 会員は、本サービスの利用に関連して、デジタに損害を与えた場合、デジタに対して、その一切の損害を補償するものとします。
  • 2. 会員は、本サービスの利用に関連して、第三者からのクレームを受けた場合および当該第三者との紛争に発展した場合、自己の費用と責任において、これを解決するものとします。
  • 第3章 ポイント
  • 第14条(ポイントの付与)
  • 1. デジタは、会員が、本サイトにおいて、デジタの指定する方法で商品をご注文の場合、またはデジタが個別に設定する条件を会員が満たした場合、その他デジタが適当と認めた場合において、これらの行為による実績(以下、「実績」という)をポイント付与対象とします。
  • 2. デジタは、前項に定める実績に対し、下記の各号のいずれかに該当する場合、当該会員に対して、当社が定める数のポイントを付与するものとします。ただし、デジタからポイントが付与されるまでに、会員の実績が変更または取り消された場合、ポイントの付与も変更または取り消されます。
  • (1)当該実績対象となるご注文の商品について、デジタが商品個別契約に基づく給付が終了した場合
  • (2)実績対象となる個別の条件をデジタが設定している場合、会員による当該行動を実績とするか否かの検証を行い、デジタによる承認がなされた場合
  • (3)その他、デジタが当該実績を適当と承認した場合
  • 3. ポイント付与の可否や付与数、その他ポイントの付与に関する最終的な判断は、デジタが行うものとし、会員はこれに従うものとします。
  • 第15条(ポイントの効力)
  • 1. ポイントは、当該会員マイページに記録された時点で有効となります。
  • 2. 記録内容について疑義がある場合、会員は表示される当該ポイントの付与日より1ヶ月以内に、デジタへ申し出なければなりません。
  • 3. デジタが会員に付与するポイントの有効期限は、デジタが個別に定める場合を除き、ポイントを付与した日より半年間とし、かかる期間に利用のない場合、当該ポイントは失効するものとします。
  • 第16条(決済におけるポイントの利用)
  • 1. 会員は、デジタが定める方法により、保有するポイントを、デジタが定める換算率で、ご注文商品に関する決済代金の全部または一部の支払い(以下、「ポイント決済」という)に利用することができます。
  • 2. デジタは、ポイント決済の対象となる商品やサービスを制限したり、ポイント決済に条件を付したりすることがあります。
  • 3. 会員がポイント決済を取り消した場合、原則として返金処理は行われず、当該決済に利用されたポイントが返還されます。
  • 4. 会員が決済代金全額をポイント決済したにも関らず、何らかの事情で決済代金が減額された場合には、前項に準じてポイントの返還が行われます。また、会員が決済代金の一部の支払いについてポイントを利用したにも関らず、何らかの事情で決済代金が減額され、すでに支払いが完了していた場合には、ポイントの返還または返金処理が行われます。
  • 5. 会員がポイント決済をした後、何らかの事情により決済代金が増額された場合は、増額分を他の支払方法にて支払うものとします。ただし、決済代金全額の支払いを、保有する全てのポイントで支払いをすることにしていた場合は増額分の支払いには、保有するポイントを優先的に利用し、ポイントの残額が不足する場合は、不足分を他の支払方法にて支払うものとします。
  • 第17条(決済以外でのポイントの利用)
  • 1. 会員は、前条に定めるポイント決済での利用のほか、デジタが定める方法により、保有するポイントを使用し、プレゼント、その他の特典(以下、総称して「特典」という)と交換することができます。
  • 2. デジタは、会員が保有するポイントにより交換できる特典を随時設定し、これをデジタ所定の方法により告知します。
  • 3. 特典の内容、交換に必要なポイント数、その他の条件はデジタが定めるものとし、デジタはこれらをいつでも新規設定、変更または終了させることができます。
  • 4. デジタは、前項に定める事由により会員に何らかの不利益が発生したとしても、一切の責任を負いません。
  • 5. 会員は、デジタに責任がある場合を除き、特典の返品や交換をすることはできません。
  • 第18条(ポイントの換金不可)
  • 1. 会員は、いかなる場合においてもポイントを換金することはできないものとします。
  • 第19条(ポイントの取り消し)
  • 1. デジタは、下記の各号のいずれかに該当する場合、会員に付与したポイントの一部または全部を過去に遡り、取り消すことができるものとします。また、取り消されたポイントに対して、デジタは何らの補償も行わずまた、一切の責任を負いません。
  • (1)デジタの定める付与条件に合致していなかった場合
  • (2)会員からの申し出により、ご注文の商品等をキャンセルまたは返品し、あるいは実績に繋がる当該行為につき、取り消した場合
  • (3)会員が虚偽または不正な手段によってポイントを取得した場合
  • (4)デジタの過誤によりポイントが付与された場合
  • (5)会員が本規約に違反した場合
  • (6)その他、デジタがポイントを取り消すことが適当と認めた場合
  • 2. 会員が会員資格を失った場合、いかなる場合であっても、当該会員が保有するポイントに関するすべての権利を失うものとします。また、ポイントの失効に伴い、会員に不利益や損害が発生した場合でも、デジタはその責任を負わないものとします。
  • 3. 会員は、本サービスの停止または中止、本サービス内容の大幅な変更等によって、デジタの裁量にて会員のポイントの一部または全部を取消すことができることについて、あらかじめ了承するものとします。
  • 第20条(ポイントの譲渡等の禁止)
  • 1. 会員は、保有するポイントを他の会員との間で、共有、合算、贈与、賃貸、質入れおよび譲渡することはできないものとします。
  • 第21条(第三者による不正ポイント利用)
  • 1. ポイントの利用は、会員本人のみが行うものとし、当該会員以外の第三者が行うことはできません。 デジタは、ポイント利用時に入力されたアカウントが、登録されたものと一致することを確認した場合、会員による利用とみなします。それが第三者による不正使用であった場合でも、ポイントの返還や生じた損害についてデジタは一切の責任を負いません。
  • 第22条(ポイントに関する税金等)
  • 1. 会員は、ポイントの利用に伴い、税金および付帯費用等の申告および納税義務等が発生する場合、会員が自らの責任においてこれらを負担し、必要な処置を取るものとします。
  • 2018年08月09日 制定・施行