1. 印刷通販デジタTOP
  2. シール・ステッカー印刷TOP
  3. ステッカー紙種選択
  4. 大判ステッカーの注意事項

専門ソフト不要!

デザインシミュレータ

簡単操作でそのまま注文

簡単注文
定形サイズ

使用用途から選ぶ

紙種別耐候年数表

作ってみたいを応援!印刷の豆知識!

作ってみたいを応援!印刷の豆知識!

同人グッズはデジタクリエイト

NP掛け払い

シール印刷にご利用可能なクレジットカード

公式SNSアカウント

印刷以外のサービス

シール印刷のデジタコーポレートサイト

UVステッカーの注意点

ステッカーの端から2mm以上の余白が必要です

UVステッカー印刷はインクの特性上、端まで印刷をした場合に「インク剥がれ」や「インクの割れ」が起きる可能性があるため、必ずステッカーの端(カットライン)から2mm以上の余白を設けてください。余白が2mm以上無いデータはデータ不備となり納期に遅れが生じる可能性がございます。
フチまでのデザインをご希望の場合は、通常の屋外用ステッカー「透明塩ビ」からご注文ください。

透明塩ビ(UVステッカー)の入稿データ例

「白塩ビ」のご注文をご検討中のお客様へ

メーカーの在庫切れに伴い、下記日程で一時的に用紙を変更いたします。変更に際し剥離紙(ステッカーの台紙)の色が黄色から白色に変わります。価格に変更はなく、ステッカー自体の色や厚み、粘着力に変わりはありません。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
【用紙変更期間】
2021年2月16日(火)15時00分以降受注分〜2021年3月3日(水)14時59分受注分まで

既存の用紙

既存の用紙

一時変更中の用紙

一時変更中の用紙

大判ステッカーの注意事項

印刷通販デジタの大判ステッカー印刷では下記の点にご注意いただいております。必ずご確認ください。

解像度の設定に注意

印刷通販デジタの大判ステッカー印刷は、解像度200ppiで印刷を行います。
ご入稿データの解像度が高すぎる場合、処理・出力ができない可能性があります。200ppi以上の高解像度のデータの場合、全て200ppiに下げさせていただきますのでご了承ください。
逆に、200ppi未満の場合はそのままの出力になりますので画像が荒れる可能性がございます。ある程度離れて見ることを想定した製品でしたら問題ございませんが、事前にご確認くださいますようお願い申し上げます。

解像度の設定に注意

カットの形状・パス数に注意

仕上がりの形状は「四角カット」と「自由カット」があります。四角カットは、一般的に裁ち落としと呼ばれる四隅が90°の長方形・正方形が該当になります。※角丸やひし形は自由カットに該当
自由カットは円形や星型など基本的に自由な指定ができますが、カットラインを40パス(アンカーポイントの点の数)以内で作成する必要があります。
あまりにも複雑な形状や鋭角な場合はお断りさせていただく場合がございますので、事前にカスタマーサポートまでご相談くださることをオススメいたします。

カットの形状・パス数に注意

貼る場所に注意

強粘着のりは一度貼ると剥がれにくくなるので、永久貼付を必要とする屋外商品の銘板などに用いられます。曲面や凹凸面に対して貼るなど、ステッカー自体にテンションがかかる場合はこのタイプを使用すれば、ステッカーが浮いてくることを防ぐことができますが、綺麗に剥がすことはできなくなります。グレー強粘着のりは通常の強粘着のりよりもさらに強い粘着のりになります。
どちらも綺麗に剥がすことを目的とした商品ではない為、ご注意ください。
また、ガラスに貼った場合、ステッカーの素材自体の収縮により、ガラスが割れる可能性があります。
デジタでは安全の為、ガラスへの貼付はオススメしておりません。
貼る場所をよく確認した上でご注文くださいますようお願い申し上げます。

印刷機の特徴

文字の大きさにご注意下さい

大判印刷は通常、看板などの用途に使われることを目的としているため、遠い場所からの視認性を重視した印刷となっています。 遠くから見るような大きな文字は問題ありませんが、逆に小さすぎる文字はつぶれてしまう恐れがあります。

大判ステッカーの現物写真

実際に印刷した高品質ステッカーを撮影したもの