ステッカー印刷のデジタホーム > 大判出力について

大判印刷とは?

大判印刷とは一般的にA2サイズ以上で、ビルの壁面広告や看板・横断幕・懸垂幕などの大型の印刷物を印刷することを指します。広い面積を有効に使った大きな広告物、スポーツ大会での横断幕などの用途に最適です。

デジタの大判印刷の素材では、交通広告(駅の広告など)に使われるポスターなどの紙、フィルム素材から粘着性のあるステッカー素材、展示会の懸垂幕・のぼり、横断幕など様々な種類を揃えています。また屋外で使用されることを想定して、雨や日光に強い素材やインクを使用しています。

出力後は用途に応じ、ラミネートなどを施すことで、印刷面の擦過による傷を防ぎ、褪色を軽減するなど耐候性を高め、加えて機能性や印象を高めたりすることができます。

価格も比較的安価なため、昨今では大判印刷は様々な業界で欠かすことができない存在になっています。 大判印刷は、私たちの日常生活において実に様々なシーンで目にすることができます。

紙の規格サイズ[ピンクが一般的に大判と呼ばれるサイズです。]

A0841mm × 1189mm
A1594mm × 841mm
A2420mm × 594mm
A3297mm × 420mm
A4210mm × 297mm
A5148mm × 210mm
A6105mm × 148mm
A774mm × 105mm
A852mm × 74mm
A937mm × 52mm
A1026mm × 37mm
B01030mm × 1456mm
B1728mm × 1080mm
B2515mm × 728mm
B3364mm × 515mm
B4257mm × 364mm
B5182mm × 257mm
B6128mm × 182mm
B791mm × 128mm
B864mm × 91mm
B945mm × 64mm
B1032mm × 45mm