今すぐデザイン

シール・ステッカー印刷

Tシャツ印刷

クリアファイル印刷

ポリ袋印刷

マグネット印刷

タオル印刷

シール印刷にご利用可能なクレジットカード

NP掛け払い

シール印刷のデジタコーポレートサイト

デジタ公式Twitter

SSLサーバ証明書

SSL グローバルサインのサイトシール

閉じる

下記より、適切な使用用途をご選択ください

シール印刷

ステッカー印刷

ラベル印刷

テクニカルガイド/イラストレーターデータの注意点

イラストレーターの注意点

リンク切れとリンク画像の埋め込み

リンク切れ

リンク切れとは、リンクで配置した画像ファイルを、イラストレーターが読み取ることができない状態。
画像が抜け落ちた状態で、表示・印刷されてしまいます。

リンク切れとなった時は、正しい画像を再配置してイラストレーターファイルを保存いただくか、リンク画像を埋め込み保存してください。

リンク切れ

  • リンクファイル名を変更した場合

    データ入稿時などに、ファイルの名称を変更するとリンク切れの原因となります。ファイル名を変更した場合は、必ず画像を再配置してください。

  • 拡張子を変更した場合

    拡張子もファイル名の一部として認識されます。
    作業中のPSDファイルや、アタリとして仮配置したJPGファイルなどを、印刷用に保存したEPSファイルに差し替えるときなどにご注意ください。

  • ファイル階層を変更した場合

    リンクファイルが含まれるフォルダ名、フォルダの位置が変更されると、リンク切れとなります。
    ただしイラストレーターファイルと同じ階層(同じフォルダ)にリンクファイルがあるときは優先してリンクされます。

リンク切れ条件

リンク画像の埋め込み

埋め込みとは

イラストレーターファイルに画像ファイルが取り込まれ一体となります。イラストレータファイルのサイズは非常に大きくなりますが、リンク切れの心配がなくなります(配置した画像ファイルをご入稿いただく必要がありません)。

もとの画像ファイルを変更しても、埋め込み画像には影響がありません。画像を修正した場合は、リンクの再設定を行い、再度画像を配置する必要があります。

※カラーモードやカラー設定によっては埋め込み時に画像の色が変わることがあります。

リンク画像の埋め込み

アプリケーション別一覧へ