マイページ

ショッピングカート

オプション

ホワイトインク

ホワイトインクはメタリック素材・ホログラム素材などに使用できるオプションです。ホワイトインクを使用することで、より幅広い表現が可能になります。

デザインシミュレータ非対応

ホワイトインクの有無

ホワイトインクの有無-ホワイトインクあり

ホワイトインクあり

カラー印刷の下にホワイトインク(濃度100%)を印刷すると、写真のようになります。下の素材に影響されづらくなり、はっきりとした仕上がりになります。

ホワイトインクの有無-ホワイトインクなし

ホワイトインクなし

ホワイトインクを使用しない場合、カラー印刷が下の素材の色に影響されます。ホワイトインクを使わないことで素材に馴染んだ風合いにすることができます。

仕組み

ホワイトインクを追加した場合、白色のインクをCMYKのカラーの下になるように印刷します。そのため、カラーとは別にホワイトインクをのせる箇所を指示するホワイトレイヤーの作成が必要となります。

カラー+ホワイトインク

ホワイトインクの仕組み-カラー+ホワイトインク1(印刷)

ホワイトインクの仕組み-カラー+ホワイトインク2(プレス)

ホワイトインクの仕組み-カラー+ホワイトインク3(仕上がり)

カラーのみ

ホワイトインクの仕組み-カラーのみ1(印刷)

ホワイトインクの仕組み-カラーのみ2(プレス)

ホワイトインクの仕組み-カラーのみ3(仕上がり)

様々な表現

一つのデザインの中にもホワイトインクを部分的に使用するなど、ホワイトインクの印刷はアイデア次第で一般的な白い紙への印刷とは異なる表現が可能となり、デザインの表現の幅も広がります。

ホワイトインクの様々な表現-ホワイトインクのみ(データ)

ホワイトインクの様々な表現-ホワイトインクのみ(実物)

ホワイトインクのみ

ホワイトインクの様々な表現-背景はカラーのみ(データ)

ホワイトインクの様々な表現-背景はカラーのみ(実物)

背景はカラーのみ

ホワイトインクの様々な表現-部分的に抜きの部分を作る(データ)

ホワイトインクの様々な表現-部分的に抜きの部分を作る(実物)

部分的に抜きの部分を作る

データ作成の流れ

\まずはじめに/

デザインしたデータをご用意ください

カラーのデータを作成しておくとホワイトインクのデータが作りやすくなります。
まずはテクニカルガイドを参考にデータを作成してください。

ホワイトレイヤーにデザイン

ホワイトインクのオプションを選択される場合、ホワイトデータの作成が必要です。テンプレート内の「ホワイト」レイヤーの目のアイコンをONにし、レイヤーを表示して使用してください。

データ作成の流れ-1.ホワイトレイヤーにデザイン

印刷箇所はK(黒)で指定

ホワイトインクの印刷箇所は必ずK(黒)でご指定ください。
ホワイトインクは他のインクに比べ濃く印刷されます。データ上で設定した濃度と実際のホワイトインクの濃度は比例しませんのでご注意ください。基本的には濃度100%を推奨していますが、ホワイトインクの濃度を調整する場合には、Kの濃度を設定してください。
濃度差については印刷サンプルでお確かめください。

データ作成の流れ-2.印刷箇所はK(黒)で指定

ここから先は使用するアプリケーションごとに
作り方が異なります

IllustratorとPhotoshopでは制作方法が異なります。
お使いのソフトを選択し、手順に従って入稿データを作成してください。

Illustrator.1

複合パスに注意

細い線や細かい文字など、複合パスを使って抜きで作っている場合に潰れが起きる場合があります。”抜き”を表現したい場合は、白(CMYK全て0%)のオブジェクトで作ると潰れを防ぐことができます。

Illustrator.1-複合パスに注意

Photoshop.1

レイヤーを結合する

ホワイトインクのデータを作成する際に使用したレイヤーは1枚の「ホワイト」レイヤーとして結合してください。テキストレイヤーや非表示レイヤーなどの不要なレイヤーを残しておくと、トラブルの原因になることがあります。結合する際には、削除禁止レイヤーと各サイズのフォルダと背景レイヤーは結合しないでください。

手順

1.ホワイトインクのデータを作成する際に使用したレイヤーを選択

2.レイヤーを結合

レイヤー>レイヤーを結合

Photoshop.1-レイヤーを結合する

おつかれさまでした

データ不備があると、再入稿が必要となります。
よくご確認の上、データをご入稿ください。

拡大イメージ