マイページ

ショッピングカート

缶バッジ印刷

テクニカルガイド

缶バッジの入稿データの作成方法について解説します。

\まずはじめに/

入稿用のテンプレートをご用意ください

デジタでは、IllustratorとPhotoshopの入稿のみ受け付けております。
まだダウンロードしていない方は下記から入稿用テンプレートをダウンロードしてください。
該当ソフトウェアをお持ちでない方は、デザインシミュレータでデータ作成してください。

データ入稿用テンプレート

制作前に設定が正しいかご確認ください

カラーモードの設定

データはCMYKで作成

入稿データのカラーモードは必ずCMYKに設定してください。
RGBで入稿された場合、デジタの基準に基づきCMYKに自動的に変換いたします。
また、特色(スポットカラー)で入稿された場合も同様に、CMYKに変換いたします。

缶バッジのデータ作成の流れ

注文した缶バッジサイズのレイヤーを表示

テンプレートにはサイズでグループ分けした複数のレイヤーが入っています。その中から、ご注文いただいたサイズのレイヤーの目のアイコンをONにして表示してください。

缶バッジのデータ作成の流れ-1.注文した缶バッジサイズのレイヤーを表示させる

デザインレイヤー内でデザインを作成

ダウンロードしたテンプレートには、制作時に必要な情報が入ったレイヤーがあらかじめ用意してあります。そのレイヤーの中にはデザインを配置しないでください。必ずデザインレイヤーの中にデザインをしてください。
また、レイヤー名やレイヤー順、テンプレートに初めから入っている情報を変更しないようにしてください。

缶バッジのデータ作成の流れ-2.デザインレイヤー内で缶バッジのデザインを作成する

見せたいデザインや情報は余白より内側へ

テンプレート内のグリーンの線は缶バッジサイズです。大切な情報や、正面から見えなくなると困るデザインは余白のガイド内に収めて配置して下さい。
カットズレなどによりグリーンの線のギリギリに配置されている文字やイラストは、わずかにズレが生じただけで巻き込まれてしまう可能性があります。

缶バッジのデータ作成の流れ-3.見せたいデザインや情報は余白より内側へ配置する

塗り足しを作成

グリーンの線まである背景やイラストなどは、巻き込み部分のガイドまではみ出すようにデザインを伸ばしてください。
缶バッジサイズぴったりで作ってしまうとカットがズレた時に下地が見えてしまう場合があります。
この伸ばした部分を「塗り足し」といい、印刷物をきれいに仕上げるために必要になります。

缶バッジのデータ作成の流れ-4.塗り足しを作成する

缶バッジサイズより外側は巻き込まれます

缶バッジサイズより外側は巻き込み部分です。文字などの情報を入れることはできません。背景となるデザイン以外は、巻き込み部分には配置しないでください。

缶バッジのデータ作成の流れ-5.缶バッジサイズより外側は巻き込まれるため注意が必要

ホワイトインクを追加した場合

メタリックまたはホログラム缶バッジのオプションでホワイトインクを注文された場合は、ホワイトインクのデータ作成をする必要があります。別ページにて作成方法をご覧ください。

缶バッジのデータ作成の流れ-オプションでホワイトインクを追加した場合

台紙を追加した場合

オプションで台紙を注文された場合は、缶バッジの入稿データとは別でデータ作成をする必要があります。別ページにて作成方法をご覧ください。

缶バッジのデータ作成の流れ-オプションで台紙を追加した場合

ここから先は使用するアプリケーションごとに
作り方が異なります

IllustratorとPhotoshopでは制作方法が異なります。
お使いのソフトを選択し、手順に従って入稿データを作成してください。

Illustrator.1

文字のアウトライン化

デザインを制作したら、レイヤーロックとオブジェクトのロックが解除されていることを確認し、全てのデータを選択してアウトラインを作成してください。

手順

1.すべてのオブジェクトを選択

選択>すべてを選択

2.アウトライン化

書式>アウトライン

Illustrator.1-文字のアウトライン化をする

Illustrator.2

画像の埋め込み

画像を配置している場合は、すべての画像を必ず「埋め込み」してください。「埋め込み」にするとIllustratorファイル自体に画像のデータが取り込まれるため、画像データを別でご入稿いただく必要はありません。

手順

1.リンクウィンドウを開く

ウィンドウ>リンク

2.画像を選択

3.画像を埋め込み

ウィンドウメニュー>画像を埋め込み

Illustrator.2-画像の埋め込みをする

Illustrator.3

保存形式に注意

データチェックトラブルを防ぐため、保存形式は必ず.aiにしてください。
保存した後にファイルを圧縮してデータ入稿してください。

Illustrator.3-保存形式に注意する

Photoshop.1

レイヤーを結合する

デザイン作成する際に使用したレイヤーは1枚の「デザイン」レイヤーとして結合してください。テキストレイヤーや非表示レイヤーなどの不要なレイヤーを残しておくと、トラブルの原因になることがあります。結合する際には、削除禁止レイヤーと各サイズのフォルダと背景レイヤーは結合しないでください。

手順

1.デザインに使用したレイヤーを選択

2.レイヤーを結合

レイヤー>レイヤーを結合

Photoshop.1-レイヤーを結合する

Photoshop.2

保存形式に注意

データチェックトラブルを防ぐため、保存形式は必ず.psdにしてください。
保存した後にファイルを圧縮してデータ入稿してください。

Photoshop.2-保存形式に注意する

おつかれさまでした

データ不備があると、再入稿が必要となります。
よくご確認の上、データをご入稿ください。

拡大イメージ