テクニカルガイド/印刷用データ作成ガイド(Illustrator)

ホワイトデータの作り方

透明素材や金・銀素材など、ホワイトインクを必要とする商品のデータの作り方。

Adobe Illustrator

ホワイトインクとは?

ホワイトインクを使用することで、より幅広い表現が可能になります。
ホワイトインクは紙自体に始めから色がついている素材に使用することが可能で、一つのデザインの中にもホワイトインクを部分的に使用するなど、ホワイト印刷はアイデア次第で白い紙やシールへの印刷とは異なる表現が可能となりデザインの幅も広がります。

仕上がり見本(写真)

ホワイトインクプレビュー

ホワイトインクを使用しない場合、写真左側のようにクラフト(素材)の色に影響され、沈んだ仕上がりになります。
ホワイトインクを使用することで、写真右側のようにクラフト(素材)に影響され辛くなり、はっきりとした仕上がりになります。

ホワイトインクの濃度

ホワイトインク部分は基本的にはK100%(濃度100%)をおすすめしています。Kの濃度が低い場合は白インクの濃度も低くなってしまいます。例えばホワイトインク部分がK50%の場合はホワイトが50%となり、薄い部分はきれいにホワイトインクがのらず下地の素材が出てしまいます。

ホワイトインクの濃度が異なる場合

印刷前データ

仕上がり見本(写真)

仕上がり見本

ホワイトデータがK100%の場合

印刷前データ

仕上がり見本(写真)

仕上がり見本

ホワイトインクのみ

印刷前データ

仕上がり見本(写真)

仕上がり見本

グラデーション

ホワイトインクのグラデーションはCMYKのグラデーションのようにきれいな色の濃度差が表現できません。したがってグラデーションの下にホワイトインクを使用する場合は、基本的にはK100%(濃度100%)をおすすめします。もしくはグラデーション部分のみホワイトインクを無しにするときれいに仕上がります。

ホワイトデータもグラデーションの場合

印刷前データ

仕上がり見本(写真)

仕上がり見本

カラーデータのみグラデーションの場合

印刷前データ

仕上がり見本(写真)

仕上がり見本

ホワイトインクのみ

印刷前データ

仕上がり見本(写真)

仕上がり見本

ホワイトインクなし

ホワイトインクを使用しない場合、背景の色が完全に透けて見えます。イメージとしてはステンドグラスのような感じになります。

カラーデータの濃度が異なる場合

印刷前データ

仕上がり見本(写真)

仕上がり見本

カラーデータがグラデーションの場合

印刷前データ

仕上がり見本(写真)

仕上がり見本

ホワイトデータ制作方法

1.最下部にレイヤーを作ってください

まずはレイヤーパレットの新規レイヤーボタンを押し、最下部に移動してレイヤー名をホワイトにしてください。

新規レイヤー

2. ホワイトレイヤーはグレースケールで

ホワイトデータはグレースケール(K)のみで制作してください。
グラデーションを使用する場合は(K)0%〜(K)100%の間で制作してください。

ホワイトレイヤーはグレースケール

完成までの流れ

テクニカルガイドTOPへ

パッケージ印刷のデジタ(DIGITA)をご覧のお客様へ:
パッケージ印刷のネット通販デジタは、お客様がお求めやすい価格で高品質なパッケージ印刷を実現。1枚からの極小ロットでのパッケージ印刷を、ネット上で簡単に注文することが可能です。
パッケージ制作は、見積もりや展開図作成を依頼する必要がある場合が大半ですが、デジタのパッケージ印刷は、お好みの形状を選択、サイズを入力すればネット上で価格の確認ができ、展開図もその場でダウンロード可能。注文までスムーズに行っていただけます。ネットでダウンロードできるパッケージ展開図の種類も、定番のキャラメル箱、地獄底箱、フタミ式組箱、スリーブ箱と豊富に取り揃えています。また、他社ではオプションになっていることが多いラミネート加工を必須にしており、オリジナルデザインのパッケージを長く美しく保つことが可能です。
また、パッケージ印刷は難しいとお考えの方でも、経験豊富なカスタマーサポートがおりますので安心してご注文いただけます。
岐阜県恵那市大井町2695-727 TEL 0573-59-8155 株式会社デジタ(パッケージ印刷製造元)が直運営。

印刷会社デジタ! パッケージ印刷の激安印刷通販サイト!! Copyright (C) 2017 DIGITA. Co.,Ltd.All Rights Reserved.

拡大イメージ