1. 印刷通販デジタTOP
  2. POP印刷TOP
  3. テクニカルガイド
  4. カットパス

カットパス

カットパス

カットパス

単純な形(丸形や三角等)以外のカットで、あまりにも複雑な場合、カットに膨大な時間が掛かってしまうため、デジタでは41パス以上のカットの場合、別途料金が必要になります。制作したデザインのパスの算出方法については下記をご覧ください。

カットパスとは

カットパスとは

印刷物のカットを指示するパスのことです。印刷物のカットライン(仕上がり)だけでなく切り込みや抜き加工を指示する際もカットパスで行います。

カットパスの種類 線の指定色 レイヤー名
カットライン M100% カットライン
切り込み M100% カットライン
抜き加工 M80%,Y80% 切り/抜き

パスの数え方

パス数の数え方

パス数の数え方

カットパス(カットラインレイヤーと抜き加工レイヤーのパス)を選択後、ドキュメント情報のオブジェクトを選択し、パスのポイント数を参照してください。

ウィンドウ>ドキュメント情報>オブジェクト

制作方法

Illustrator

1.カットラインレイヤーを作る

カットラインを作成する場合

1.カットラインレイヤーを作る

まずはレイヤーパレットの新規レイヤーボタンを押し、最上部に移動しレイヤー名を”カットライン”にしてください。そのレイヤー内にカットパスを入れてください。
レイヤー名をダブルクリックすると名前を変更できます。

2.カットラインの作成

2.カットラインの作成

カットラインの内側の余白は3mm以上とってください。余白がない場合、カットの際のズレにより、デザインが切れてしまう可能性がございます。それを防ぐため、カットライン内側3mm以内には絶対に罫線や文字を入れないでください。
線の色はM100%で作成してください。

3.パスの角度は90度以上推奨

3.パスの角度は90度以上推奨

パスの角が90度未満の場合、機械の性質上、折り返し地点が綺麗に仕上がらない場合があります。
※パスの形が90度以下の場合、弊社スタッフよりパスの修正依頼をさせていただく場合があります。
複雑な形やポイント数が多い場合、ご注文前に弊社スタッフにご確認ください。

4.デザインに沿ったカットラインの作成方法

5.カットラインのパスを減らす方法+塗り足しの作成方法

切り込みを入れた例

カットラインの内側に切り込みのカットパスを作成する場合

応用編

カットラインの内側に切り込みのカットパスを作成する場合

切り込みのカットパスを入れる場合、カットラインレイヤーにカットパスを入れてください。内側を抜く場合は抜き加工になりますのでこちらをご覧ください。

線の色はM100%で作成してください。

できる切り込みとできない切り込み

注意事項

・カットパスの総ポイント数が40パスを超える場合、追加料金が発生しますので予めご了承ください。

追加料金に関しては下記の価格表を参照してください。

また、あまりにも複雑な形やパスの量が多すぎる場合は、お断りさせていただく場合がございます。

カットパスのパス数 単価 追加納期
40パス以内 0円/1枚
50パス以内 50円/1枚 1営業日
60パス以内 60円/1枚
70パス以内 70円/1枚
80パス以内 80円/1枚
90パス以内 90円/1枚
100パス以内 100円/1枚

POP印刷のデジタ(DIGITA)をご覧のお客様へ:
POP印刷のネット通販デジタは、お客様がお求めやすい価格で高品質なPOP印刷を実現。1枚からの極小ロットでのPOP印刷を、ネット上で簡単に注文することが可能です。
POP制作は、見積もりや展開図作成を依頼する必要がある場合が大半ですが、デジタのPOP印刷はお好みの形状、サイズを選択すればネット上で価格の確認ができ、展開図もその場でダウンロード可能。注文までスムーズに行っていただけます。ネットでダウンロードできるPOP展開図の種類も定番の三角POP、三角柱POP、四角柱POP、四角錐POP、スイングPOPから手書きPOPのテンプレートとして使用可能なカード型POPと豊富に取り揃えています。
また、POP印刷は難しいとお考えの方でも、経験豊富なカスタマーサポートがおりますので安心してご注文いただけます。
岐阜県恵那市大井町2695-727 TEL 0573-59-8155 株式会社デジタ(POP印刷製造元)が直運営。

印刷会社デジタ! POP印刷の激安印刷通販サイト!!
Copyright (C) 2019 DIGITA. Co.,Ltd.All Rights Reserved.