Tシャツプリントのイラストレータの色の濃度と網点について

WebでTシャツプリントデザイン作成

テンプレートダウンロード

アイテムから選ぶ

デジタの営業日カレンダー

10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

只今の時刻にご注文後、完全データで入稿された場合の出荷予定日が表示されます。受付日確定の締切時刻は15時までです。
※お支払い方法が銀行振込・後払い決済の場合はご入金完了・決済確定までが必要となります。

  • 本日 … 本日
  • 土日祝 … 営業日計算に含まれません。
  • 発送予定日 … 選択納期での出荷予定日
  • (完全データを想定した計算です。)

受付確定時間は15:00までとさせて頂きます。

Tシャツ印刷のよくあるご質問

ご利用可能なクレジットカード

NP掛け払い

digita DIGITA / デジタ

デジタ公式Twitter

テクニカルガイド/イラストレーターデータの注意点

イラストレーターの注意点

色の濃度と網点

色の表現はCMYKの4色のインクの組み合わせで、カラーごとに0〜100%の間で指定します。その際データ上では低い濃度でも均一な色で表現されますが、実際に印刷をすると100%以外の部分は網点(アミ点)と呼ばれる点の集まりで表現されます。
そのため、小さい文字や細い線に対して薄い色を指定すると、文字かすれたり、線が点線のように見える場合があります。
このような状態を避けるために小さすぎる文字(5pt以下)や細すぎる線(0.25pt以下)を使用せず、CMYKいずれかのカラーを100%以上に指定して制作されることを推奨いたします。

文字が切れてしまうデータ

※小さな文字や細かい文字ほど切れたりかすれやすくなってしまいます。(5pt以上推奨)

文字が切れないデータ

※CMYKいずれかが100%で制作されている場合は文字がかすれてしまう現象を避ける事ができます。


線が切れてしまうデータ

※細い線や濃度が低い線ほど切れたりかすれやすくなってしまいます。(0.25pt以上推奨)

線が切れないデータ

※CMYKいずれかが100%で制作されている場合は線がかすれてしまう現象を避ける事ができます。

アプリケーション別一覧へ