テクニカルガイド(制作時の注意点)

Adobe Illustrator 印刷においての制作ガイド
Adobe Photoshop 印刷においての制作ガイド
DTPの基礎知識 印刷においての制作ガイド
ホワイトデータの作り方 印刷においての制作ガイド
必須チェックポイント
Adobe Illustrator のチェックポイントはこちら

フォトショップチェックポイント

Adobe社の製品で、印刷会社の多くが使用しているソフトです。デジタではCCまで対応。

Check1 サイズ
注文サイズで作成されていますか? 当社にて拡大・縮小は行っていません。等倍サイズ・ご希望の形で作成してください。 デジタでは、カットラインというパスが必須になります。カットラインにはお客様がご希望のステッカーの形を原寸で制作してください。
Check2 統合
画像は統合されていますか? 作業中に作成したすべてのレイヤーは、画像を統合して1枚の背景レイヤーにしてください。ホワイトインキ以外のレイヤーは1枚の画像として統合されていますか? テキストレイヤーや非表示レイヤー等の不要なレイヤーを残しておくと、トラブルの原因となることがあります。
Check3 CMYK
カラーモードがCMYKかグレースケールになっていますか? RGB形式でのデータ入稿は原則受付ておりません。必ずCMYKかグレースケールで制作してください。カラーモードがRGBカラーになっているデータはデジタで印刷することができません。データは必ずCMYKカラーか、グレースケールでご入稿ください。
Check4 保存
データは正常に保存されていますか? 保存した後に、データが破損してないか、最終のレイアウトで保存されているか、データを開いて確認してください。ホワイトインキを使用する場合はPSD形式で保存してください。

テクニカルガイドTOPへ