1. 印刷通販デジタTOP
  2. テクニカルガイド
  3. パッケージ印刷用データ作成ガイド(Illustrator)

テクニカルガイド/印刷用データ作成ガイド(Illustrator)

イラストレーター印刷用データ作成ガイド

※データ作成はデジタの展開図を使用してください

各種展開図をご用意しています。

必要なサイズをダウンロードして頂き、展開図を使用して作成してください。

各種展開図

1.カラーモードをCMYKカラーに変換

ドキュメントのカラーモードはRGBカラーとCMYKカラーの2種類があります。
RGBカラーとは、テレビやパソコンのモニターを表現する色で、CMYKカラーとは、おもに印刷物に使用されている色です。デジタでもCMYK カラーで印刷していますが、展開図はRGBカラーになっています
まずはドキュメントのカラー設定をCMYKに変換して制作してください。

2.ドキュメントのラスタライズ効果設定

効果>ドキュメントのラスタライズ効果設定をご確認ください。
この設定の解像度を高解像度(300ppi)に設定します。これはぼかしなどの特殊な効果の解像度を設定するものです。
スクリーン(72ppi)と高解像度(300ppi)とでは、印刷した際に印刷の細かさが変わってきます。
デジタでは全ての印刷をこの高解像度(300ppi)で印刷しています。

ドキュメントのラスタライズ効果設定

3.新規レイヤーを作成してデザイン

ダウンロードした展開図には、制作時に必要な情報が入った「パッケージ」レイヤーがあります。
パッケージレイヤー内にデザインを配置しないでください。
必ず新規レイヤーを作成し、その中にデザインをしてください。

紙種がクラフトでホワイトインクを使用する場合はこちらも参照してください。

各ラインの説明

新規レイヤーを作成してデザイン

4.内側の余白は3mm、外側の塗り足しは3mm

データの塗り足しはカットラインの外3mm以上はつけてください。
塗り足しがない場合、カットが少しずれた時に下地が見えてしまう場合があります。
詳しくはこちら>>

【例:キャラメル箱】

例:キャラメル箱

5.ブラックは「K」のみで制作してください

デジタの印刷では、K(ブラック)が通常のオフセット印刷よりも濃く印刷されますので、「C」「M」「Y」「K」全てに色を入れるリッチブラックや4色ベタは使用しないでください。
詳しくはこちら>>

6.文字のアウトラインを作成してください

デザインを制作したら、レイヤーロックオブジェクト>ロックが解除されていることを確認し、全てのデータを選択(選択>すべてを選択)して書式>アウトラインを作成をしてください。

※アウトライン作成前に、後から修正できるようにファイルをバックアップとして残される事をお薦めします。
(アウトライン作成した後からの文字編集はできません)

文字のアウトラインを作成してください

7.画像も一緒にデータ入稿

イラストレーターに画像を配置している場合は、使用している画像全てのデータも一緒にご入稿をお願い致します。
埋め込みになっていても念のためご入稿ください。

8.保存形式に注意

ダウンロードしたデジタの展開図は形式が<svg>になっています。
svgはレイヤーの情報を保持する事ができません。

データチェック時のトラブルを防ぐため、保存形式は必ず<ai>にしてください。

注意

▶︎ 注文サイズと展開図のサイズが合っているか必ず確認してください。

▶︎ カラーモードは必ずCMYKに変換してください。

▶︎ 展開図のドキュメントサイズは変更しないでください。

▶︎ 展開図に元から入っているレイヤーは削除しないでください。

イラストレーター必須チェックポイント

Check1 サイズ
注文サイズで作成されていますか? 当社にて拡大・縮小は行っていません。必ず注文サイズの展開図をダウンロードして作成してください。 デジタの展開図の使用が必須になります。デジタのホームページから無料でダウンロードできる展開図を使用し、原寸で制作してください。※注文サイズと同じか必ず確認してください。
Check2 フォント
フォントのアウトラインは作成されていますか? Illustratorでご使用のフォントはすべてアウトライン作成してください。デジタでは、アウトラインの取られていないデータを印刷することはできません。必ず全てのテキストをアウトライン化してからご入稿ください。
Check3 配置画像
リンク画像やドキュメントなど必要なデータが揃っていますか? リンクで配置した画像は、リンクしている元の画像ファイルもすべてご入稿いただく必要があります。リンク画像が揃っていないとリンク切れとなり、画像を表示・印刷することができません。イラストレータに配置した画像は全て一緒にご入稿してください。
Check4 RGB
カラーモードが「CMYK」か「グレースケール」になっていますか? RGB形式でのデータ入稿は原則受付ておりません。必ずCMYKかグレースケールで制作してください。RGBカラーモードで入稿された場合、弊社の基準に基づきCMYKカラーに自動的に変換いたします。また、特色(スポットカラー)で入稿された場合も同様に、CMYKカラーに変換いたします。
Check5 保存
データは正常に保存されていますか? 印刷に対応したファイル形式[ai]で保存してください。保存した後に、データが破損してないか、最終のレイアウトで保存されているか、データを開いて確認してください。

テクニカルガイドTOPへ

パッケージ印刷のデジタ(DIGITA)をご覧のお客様へ:
パッケージ印刷のネット通販デジタは、お客様がお求めやすい価格で高品質なパッケージ印刷を実現。1枚からの極小ロットでのパッケージ印刷を、ネット上で簡単に注文することが可能です。
パッケージ制作は、見積もりや展開図作成を依頼する必要がある場合が大半ですが、デジタのパッケージ印刷は、お好みの形状を選択、サイズを入力すればネット上で価格の確認ができ、展開図もその場でダウンロード可能。注文までスムーズに行っていただけます。ネットでダウンロードできるパッケージ展開図の種類も、定番のキャラメル箱、地獄底箱、フタミ式組箱、スリーブ箱と豊富に取り揃えています。また、他社ではオプションになっていることが多いラミネート加工を必須にしており、オリジナルデザインのパッケージを長く美しく保つことが可能です。
また、パッケージ印刷は難しいとお考えの方でも、経験豊富なカスタマーサポートがおりますので安心してご注文いただけます。
岐阜県恵那市大井町2695-727 TEL 0573-59-8155 株式会社デジタ(パッケージ印刷製造元)が直運営。

印刷会社デジタ! パッケージ印刷の激安印刷通販サイト!! Copyright (C) 2017 DIGITA. Co.,Ltd.All Rights Reserved.

拡大イメージ