1. タトゥーシール
  2. 入稿データの作り方/タトゥーシール [Photoshop]

Ps

入稿データの作り方/タトゥーシール [Photoshop]

タトゥーシール印刷

1.テンプレートで制作

テンプレートで制作

必ずデジタのテンプレートを使用して、入稿データを作成してください。テンプレートをまだダウンロードしていない方は下記リンクより注文サイズのテンプレートをダウンロードしてください。注文サイズと入稿サイズが違う場合、どちらが正しいサイズかが判断できません。
また、サイズなどが変わる恐れがあるので、テンプレートに初めから入っている情報は変更しないようにしてください。

テンプレートDL

2.CMYKまたはグレースケールで作成

CMYKまたはグレースケールで作成

データは必ずCMYKかグレースケールで制作してください。RGBカラーモードで入稿された場合、弊社の基準に基づきCMYKカラーに自動的に変換いたします。また、特色(スポットカラー)で入稿された場合も同様に、CMYKカラーに変換いたします。

ドキュメントのカラーモード

特色(スポットカラー)について

3.デザインの配置はブルーの線より内側へ

デザインの配置はブルーの線より内側へ

印刷可能な範囲はブルーの線までです。ブルーの線より外側は余白部分となり印刷されませんのでご注意下さい。

4.解像度400dpiで制作

解像度400dpiで制作

Photoshopでは解像度400dpi以上を推奨しています。画像に細い文字や線が入る場合は解像度800dpiでの作成を推奨しています。

解像度について

イメージ>画像解像度

5.デザインレイヤーを統合する

デザインレイヤーを統合する

デザイン作成に使用したレイヤーを1枚の画像として統合してください。テキストレイヤーや非表示レイヤーなどの不要なレイヤーを残しておくと、トラブルの原因になることがあります。注意事項と削除禁止レイヤーと背景レイヤーは結合しないでください。

レイヤー>レイヤーを結合する

6.ホワイトインクを使用する場合

ホワイトインクを使用する場合

ホワイトインクを使用する場合は、デザインレイヤーの下に新規で”ホワイト”レイヤーを作成し、レイヤー内に黒一色でデザインを作成してください。

詳しい作り方はホワイトインクデータの作成方法をご覧ください。

7.保存形式に注意

保存形式に注意

データチェックトラブルを防ぐため、保存形式は必ずpsdにしてください。
保存した後にファイルを圧縮してデータ入稿してください。

デザインの反転について

デザインの反転について①

お客様のデザインデータ

お客様のデザインデータ

納品時

納品時

納品時

転写時

タトゥーシールの印刷の際に行われるデザインの反転は、デジタ側で行いますので入稿データを反転する必要はありません。納品時はデザインが反転した状態となります。

デザインの反転について②

納品時に反転させたくない情報

納品時に反転させたくない情報

入稿データでは反転させておく

入稿データでは
反転させておく

正常な向きで仕上がる

正常な向きで仕上がる

商品タグや説明文などタトゥーシールとして使用しない箇所で、仕上がり状態で反転させたくない場合は、その部分だけ事前にデザインを反転しておいてください。

タトゥーシールのデジタ(DIGITA)をご覧のお客様へ:
タトゥーシールのネット通販デジタは、お客様がお求めやすい価格で高品質なタトゥーシールを実現。1枚からの極小ロットでのタトゥーシールを、ネット上で簡単に注文することが可能です。
また、イラストレーターやフォトショップをお持ちでないお客様もWeb上で自由にデザインできる、デザイン作成ツールをご用意しています。デジタでは激安価格・格安価格とハイクオリティで次世代のタトゥーシール専門サイトを追求しています。タトゥーシールのことなら印刷の専門店デジタに是非お任せ下さい。
印刷会社DIGITA!ノベルティーや配布、同人や趣味の車などにも使用できます。
岐阜県恵那市大井町2695-727 TEL 0573-59-8155 株式会社デジタ(タトゥーシール印刷製造元)が直運営。

印刷会社デジタ! タトゥーシールの激安印刷通販サイト!! Copyright ©2010-2022 DIGITA. Co.,Ltd.All Rights Reserved.