【Tシャツ印刷】イラストレーター

  1. 印刷通販デジタTOP
  2. Tシャツ印刷(プリント)TOP
  3. テクニカルガイド
  4. イラストレーター制作ガイド

テンプレートダウンロード

人気アイテムランキング

新作入荷アイテム

  • ▼ カテゴリーから選ぶ

シール印刷にご利用可能なクレジットカード

同人グッズはデジタクリエイト

作ってみたいを応援!印刷の豆知識!

NP掛け払い

デジタ公式Twitter

デジタ公式instagram

印刷以外のサービス

シール印刷のデジタコーポレートサイト

digitagames

テクニカルガイド

データ作成の注意点を、「制作前」と「入稿前」ごとに分けてご紹介いたします。
正しい完全データを作成・ご入稿いただくために、必ずご確認ください。

どちらのソフトで制作しますか? Adobe社の製品で、印刷会社の多くが使用しているソフトです。弊社ではCCまで対応。

どの印刷方式をご希望ですか? 印刷方式の詳しい説明はこちら

シルクスクリーンプリントの入稿データはIllustratorで作成したパスのデータのみの対応となります。
Photoshopで作成したデータや、ファイル形式が「.ai」であっても画像データが配置されている場合は対応できません。詳しくはこちらをご覧ください。
制作ガイド 制作前にご確認ください

データ制作時のご注意点や、デジタのガイドラインをソフトやカテゴリー別にご紹介いたします。
印刷用データの作成ポイント、アプリケーションの操作・設定、DTP・印刷の基礎知識など、印刷データ作成に役立つ情報をピックアップして掲載しています。データ制作時には、是非ご覧ください。

データ作成には、
必ず弊社テンプレートを使用してください

定型サイズは各種テンプレートをご用意しています。必要なサイズをダウンロードして頂き、テンプレートを使用して作成してください。

1. デザインは青い点線内へ

青い点線のサイズが、プリント可能範囲となっています。デザインは最大プリントサイズ内(W330mm×H400mm)で制作し、青い枠線内の実際に印刷をしたい場所に配置をしてください。

デザインはデザインレイヤーを使用

テンプレートには「デザインレイヤー」「下地色レイヤー」が予め用意されています。デザインを描く場合は、デザインレイヤーを使用してください。

※デザインは原寸大で制作してください。

ドキュメントはRGBカラーで制作

通常、印刷用のデータを制作する際は制作前の段階で、ドキュメントのカラーモードを「CMYKカラー」モードにしてから制作することをお薦めしておりますが、Tシャツ印刷は印刷機の特性上、「RGBカラー」モードでの制作をお願いしております。従来よりも鮮やかな発色で表現が可能にはなりましたが、蛍光色のような明るい色味は表現できませんのでご注意下さい。

2. インクカラーを選択

使用できるカラーは1ヶ所につき2色までで、全20色のインクカラー一覧からお選びください。

※「DICカラー」や「PANTONE」などでの色指定はできません。
※シルク2色印刷の場合、2色を重ねて配置することはできません。詳しくはこちら

スポイトで色を選択

テンプレートの下部にある「インクカラー」のカラーパレットを使用してデザインに色を付けてみましょう。 デザインを選択後、ツールパネルの中にあるスポイトを選択し、カラーパレットの色の部分をスポイトでクリックするとデザインに色がつきます。

※Tシャツカラーはあくまで参考の色味になります。
実際の商品とは多少異なることがございますのでご了承ください。

2色目も同様にテンプレートの下部にある「インクカラー」のカラーパレットを使用してデザインに色を付けます。
プリントカラー数は、1色の場合も2色の場合もデザインレイヤーを使用してください。
※1色ずつレイヤーを分ける必要はありません。

※Tシャツカラーはあくまで参考の色味になります。
実際の商品とは多少異なることがございますのでご了承ください。

3. シャツに色をつけて仕上がりを確認

「下地レイヤー」を使用

右側の丸をクリックすると、下地レイヤーだけが選択されます。

スポイトで色を選択

テンプレートの下部、データ制作の注意事項の一番右側にあるカラーパレットを使用してTシャツに色を付けてみましょう。
ツールパネルの中にあるスポイトを選択し、カラーパレットの色の部分をスポイトでクリックするとテンプレートのTシャツに色がつきます。

※Tシャツカラーはあくまで参考の色味になります。
実際の商品とは多少異なることがございますのでご了承ください。

4. 文字のアウトラインを作成

最終チェック後に文字のアウトラインを作成します。
レイヤーロックオブジェクト>ロックが解除されていることを確認し、全てのデータを選択(選択>すべてを選択)して書式>アウトラインを作成をしてください。

※アウトライン作成した後からの文字編集はできません。
アウトライン作成前に、後から修正できるようにファイルをバックアップとして残される事をお薦めします。

5.ファイルは圧縮してデータ入稿

保存した後にファイルを圧縮してデータ入稿してください。

制作ガイド 制作前にご確認ください

データ制作時のご注意点や、デジタのガイドラインをソフトやカテゴリー別にご紹介いたします。
印刷用データの作成ポイント、アプリケーションの操作・設定、DTP・印刷の基礎知識など、印刷データ作成に役立つ情報をピックアップして掲載しています。データ制作時には、是非ご覧ください。

データ作成には、
必ず弊社テンプレートを使用してください

定型サイズは各種テンプレートをご用意しています。必要なサイズをダウンロードして頂き、テンプレートを使用して作成してください。

1. デザインは赤い枠線内へ

赤い枠線のサイズが、印刷可能範囲となっています。デザインは最大プリントサイズ内(396mm×498mm)で制作し、赤い枠線内の実際に印刷をしたい場所に配置をしてください

デザインはデザインレイヤーを使用

テンプレートには「デザインレイヤー」「下地色レイヤー」が予め用意されています。デザインを描く場合は、デザインレイヤーを使用してください。

※デザインは原寸大で制作してください。

ドキュメントはRGBカラーで制作

通常、印刷用のデータを制作する際は制作前の段階で、ドキュメントのカラーモードを「CMYKカラー」モードにしてから制作することをお薦めしておりますが、Tシャツ印刷は印刷機の特性上、「RGBカラー」モードでの制作をお願いしております。従来よりも鮮やかな発色で表現が可能にはなりましたが、蛍光色のような明るい色味は表現できませんのでご注意下さい。

2. ドキュメントのラスタライズ効果設定

効果>ドキュメントのラスタライズ効果設定をご確認ください。
この設定の解像度を高解像度(300ppi)に設定します。これはぼかしなどの特殊な効果の解像度を設定するものです。
スクリーン(72ppi)と高解像度(300ppi)とでは、印刷した際に印刷の細かさが変わってきます。デジタでは全ての印刷をこの高解像度(300ppi)で印刷しています。

3.シャツに色をつけて仕上がりを確認

「下地レイヤー」を使用

右側の丸をクリックすると、下地レイヤーだけが選択されます。

スポイトで色を選択

テンプレートの下部にあるカラーパレットを使用してTシャツに色を付けてみましょう。 ツールパネルの中にあるスポイトを選択し、カラーパレットの色の部分をスポイトでクリックするとテンプレートのTシャツに色がつきます。

完成イメージを確認する

シャツの色とデザインのイメージ確認ができます。デザインの位置や大きさの微調整など最終チェックを行ってください。

※Tシャツカラーはあくまで参考の色味になります。
実際の商品とは多少異なることがございますのでご了承ください。

ホワイトインクを使用しない場合のイメージの確認方法

ホワイトインクを使用しない場合は、プリントカラーが生地の色の影響を受けて色が沈むため、乗算という機能を使用して実際の色のイメージを確認します。 デザインしたオブジェクトを選択して、透明パレット>乗算をクリックすると反映されます。
※乗算機能は、実際の印刷物と多少異なる可能性がありますので、ご了承ください。

4. ホワイトインクで幅広いデザインを

生地が濃色の場合は、デザインが生地の色の影響を受けてしまいます。「ホワイトインクあり」でご注文頂くことでデザインの下にホワイトを敷いて 印刷を行うことが可能になります。淡色生地の場合は生地の色の影響を受けにくいため、素材の自然な風合いを生かし、あえてホワイトインクを使用しない方法もあります。ホワイトインクの有無で、印刷の出方が全く異なります。 ホワイトインクの使い方次第でデザインのイメージがガラッと変わることもありますので、お好みや用途に合わせてご利用ください。

「フルカラー+ホワイト」または「ホワイトインクのみ」でご注文

プリントお見積もり・ご注文フォームにて「フルカラー+ホワイトインク」または「ホワイトインクのみ」を選択すると、ホワイトインクを使用する事ができます。

《ホワイトインク有無の比較》

ホワイトインクなし
ホワイトインクあり

ホワイトインクなし
ホワイトインクあり

ホワイトインクなし
ホワイトインクあり
4-1. デザインの下にホワイトインクが印刷されます

ご注文時に「フルカラー+ホワイトインク」を選択した場合は、デザインの下に自動的にホワイトインクが印刷されます。

ホワイトインクイメージ
(この上にフルカラーで印刷されます)
4-2. ホワイトインクを別の場所にも追加したい場合

ホワイトインクを別の場所に追加したい場合は、パスでホワイトインク部分を制作し、色をホワイトにします。

ホワイトインクイメージ
(この上にフルカラーで印刷されます)
4-3. ホワイトインクのみで印刷したい場合

ホワイトインクのみで印刷したい場合は、ご注文時に「ホワイトインクのみ」を選択してご注文ください。パスで制作した後、全てを白で塗りつぶしてください。

ホワイトインクイメージ
(この上にフルカラーは印刷されません)
4-4. 部分的にホワイトインクを抜きたい場合

部分的にホワイトインクを抜きたい場合は、ウィンドウ>パスファインダーで、オブジェクト同士を選択して「全面オブジェクトで型抜き」をしてください。

【例】

ドーナツ型に抜きたい場合

2つのオブジェクトを用意

オブジェクトを重ねて両方選択

パスファインダーで、
「全面オブジェクトで型抜き」を選択

5. グラデーションや効果を使用する際のご注意点

ホワイトインクを使用する場合、グラデーションやドロップシャドウ・ぼかしなどの効果を使ったデザインは、半透明な部分に対しても下地にホワイトインクが印刷されてしまうため、画面上でのデザインと実際の商品が大幅に異なる場合があります。ただし、ホワイトインクを使用しないCMYKのみのプリントの場合は、グラデーションや効果の再現は可能です。

【例】グラデーション1

イエローと不透明度0%の白のグラデーションのデータの透明部分が再現できず下地のホワイトインクがプリントされた例です。

【例】グラデーション2

イエローと不透明度100%の白のグラデーションのデータの透明部分が再現できず下地のホワイトインクがプリントされた例です。

【例】ドロップシャドウ

オブジェクトに、効果>スタイライズ>ドロップシャドウを適用したデータのグレーの影部分が再現できず下地のホワイトインクがプリントされた例です。

【例】ぼかし

オブジェクトに、効果>ぼかし>ぼかし(ガウス)を適用したデータのイエローが徐々に薄くなっていく部分が再現できず下地のホワイトインクがプリントされた例です。

【例】不透明マスク

オブジェクトに不透明マスクを適用したデータの外側の徐々に透明になっていく部分が再現できず下地のホワイトインクがプリントされた例です。

6. 文字のアウトラインを作成

最終チェック後に文字のアウトラインを作成します。
レイヤーロックオブジェクト>ロックが解除されていることを確認し、全てのデータを選択(選択>すべてを選択)して書式>アウトラインを作成をしてください。

※アウトライン作成した後からの文字編集はできません。
アウトライン作成前に、後から修正できるようにファイルをバックアップとして残される事をお薦めします。

7.ファイルは圧縮して画像も一緒にデータ入稿

保存した後にファイルを圧縮してデータ入稿してください。
イラストレーターに画像を配置している場合は、使用している画像全てのデータも一緒に弊社にご入稿をお願い致します。

制作ガイド 制作前にご確認ください

データ制作時のご注意点や、デジタのガイドラインをソフトやカテゴリー別にご紹介いたします。
印刷用データの作成ポイント、アプリケーションの操作・設定、DTP・印刷の基礎知識など、印刷データ作成に役立つ情報をピックアップして掲載しています。データ制作時には、是非ご覧ください。

データ作成には、
必ず弊社テンプレートを使用してください

定型サイズは各種テンプレートをご用意しています。必要なサイズをダウンロードして頂き、テンプレートを使用して作成してください。

1. デザインは青い枠線内へ

青い枠線のサイズが、印刷可能範囲となっています。デザインは青い枠線内に入れ、実際に印刷をしたい場所に配置をしてください。

デザインはデザインレイヤーを使用

テンプレートには「カットラインレイヤー」「サイズレイヤー(M)」「デザインレイヤー」「下地色レイヤー」が予め用意されています。デザインを描く場合は、デザインレイヤーを使用してください。

※デザインは原寸大で制作してください。

ドキュメントはCMYKカラーで制作

ドキュメントのカラーモードはRGBカラーとCMYKカラーの2種類があります。RGBカラーとは、テレビやパソコンのモニターを表現する色で、CMYKカラーとは、おもに印刷物に使用されている色です。昇華転写プリントはCMYK カラーで印刷していますので、まずはドキュメントのカラー設定をCMYKにして制作してください。

2. ドキュメントのラスタライズ効果設定

効果>ドキュメントのラスタライズ効果設定をご確認ください。
この設定の解像度を高解像度(300ppi)に設定します。これはぼかしなどの特殊な効果の解像度を設定するものです。
スクリーン(72ppi)と高解像度(300ppi)とでは、印刷した際に印刷の細かさが変わってきます。デジタでは全ての印刷をこの高解像度(300ppi)で印刷しています。

3. デザインを制作する

制作するデザインのサイズを決める

デザインは実寸大で制作してください。
熱転写シートの最小サイズは4㎠ (短辺 2cm × 2cm 以上)です。
最大サイズはご注文時にお選びいただいた印刷サイズによって異なります。デザインを作成する前に必ずサイズ確認をして下さい。

デザインはひとかたまりで制作

熱転写プリントは1つの印刷箇所に対して1つのシートを圧着します。そのため、ひとかたまりのデザインデータをご用意いただく必要があります。
デザインが離れて2箇所に点在する場合や、内側を切り抜くデザインの場合はお受けできません。予めご了承ください。

4. カットラインの作成(仕上がり線)

カットラインとは、熱転写シートのカット形状を指示するパスのことです。

カットする角度は90度以上推奨

カットする角度が90度未満の場合、や、内側に深く入り込んでいるデザインのものは、機械の性質上、カットできない場合があります。

※角度が90度よりも小さい場合や、内側に深く入り込んでいるデザインのものは、弊社で2ミリ程度角丸に修正させていただくか、またはお客様にお戻しさせていただく場合があります。

カットラインの作成方法

カットライン(仕上がり線)にしたいオブジェクト(図形)を、カットラインレイヤーにコピーします。
塗り→線に変換し、線の色をM100%に変更します。
線の太さ(ポイント数)については特に指定ありません。

カットラインの作成方法については下記の動画を参考にして下さい。

デザインに沿ったカットラインの作成方法

5. 塗り足し2mm、内側の余白2mm

熱転写プリントは専用シートをカットするため、カットズレの予防に「塗り足し」と「余白」が必要です。
塗り足しはカットラインより外側に2mm以上つけて下さい。余白はカットラインより内側に2mm以上つけて下さい。

断裁とカットズレについて

6. カットパス数について

カットパス(アンカーポイント)とは、カットラインを形成するための点です。ここでは点の数を「カットパス数」と表現します。

カットパス数は40パス以内で作成

熱転写プリントでは1つの印刷箇所(1デザイン)につき40パス以内のデザインデータを作成・入稿していただけます。
40パスを超えるデータに関してはお受けできませんのでご了承く下さい。

カットパス数について

カットパス数の確認方法

カットライン(仕上がり線)を選択し、上部メニューから
ウィンドウ>ドキュメント情報をクリックします。
ドキュメント情報のメニュータブよりオブジェクトを選択し、パスのポイント数を参照して下さい。
なお、印刷1箇所(1デザイン)につき40パス以下のデザインのみ受け付けておりますので、40パスを超えてしまった場合はパス数を減らしてから入稿お願いします。

カットラインのパスを減らす方法についてはページ下部の動画を参考にして下さい。

カットラインのパスを減らす方法+塗り足しの作成方法

7. シャツに色をつけて仕上がりを確認

「下地レイヤー」を使用

右側の丸をクリックすると、下地レイヤーだけが選択されます。

スポイトで色を選択

テンプレートの下部、データ制作の注意事項の一番右側にあるカラーパレットを使用してTシャツに色を付けてみましょう。
ツールパネルの中にあるスポイトを選択し、カラーパレットの色の部分をスポイトでクリックするとテンプレートのTシャツに色がつきます。

完成イメージを確認する

シャツの色とデザインのイメージ確認ができます。デザインの位置や大きさの微調整など最終チェックを行ってください。

※Tシャツカラーはあくまで参考の色味になります。
 実際の商品とは多少異なることがございますのでご了承ください。

8. 文字のアウトラインを作成

最終チェック後に文字のアウトラインを作成します。
レイヤーロックオブジェクト>ロックが解除されていることを確認し、全てのデータを選択(選択>すべてを選択)して書式>アウトラインを作成をしてください。

※アウトライン作成した後からの文字編集はできません。
アウトライン作成前に、後から修正できるようにファイルをバックアップとして残される事をお薦めします。

9.ファイルは圧縮して画像も一緒にデータ入稿

保存した後にファイルを圧縮してデータ入稿してください。
イラストレーターに画像を配置している場合は、使用している画像全てのデータも一緒に弊社にご入稿をお願い致します。

制作ガイド 制作前にご確認ください

データ制作時のご注意点や、デジタのガイドラインをソフトやカテゴリー別にご紹介いたします。
印刷用データの作成ポイント、アプリケーションの操作・設定、DTP・印刷の基礎知識など、印刷データ作成に役立つ情報をピックアップして掲載しています。データ制作時には、是非ご覧ください。

データ作成には、
必ず弊社テンプレートを使用してください

定型サイズは各種テンプレートをご用意しています。必要なサイズをダウンロードして頂き、テンプレートを使用して作成してください。

1. デザインは赤い枠線内へ

赤い枠線のサイズが、印刷可能最大サイズ(大サイズ)となっています。デザインは赤い枠線内に入れ、実際に印刷をしたい場所に配置をしてください。

デザインはデザインレイヤーを使用

テンプレートには「サイズレイヤー(M)」「デザインレイヤー」「下地色レイヤー」が予め用意されています。デザインを描く場合は、デザインレイヤーを使用してください。

※デザインは原寸大で制作してください。

ドキュメントはCMYKカラーで制作

ドキュメントのカラーモードはRGBカラーとCMYKカラーの2種類があります。RGBカラーとは、テレビやパソコンのモニターを表現する色で、CMYKカラーとは、おもに印刷物に使用されている色です。昇華転写プリントはCMYK カラーで印刷していますので、まずはドキュメントのカラー設定をCMYKにして制作してください。

2. ドキュメントのラスタライズ効果設定

効果>ドキュメントのラスタライズ効果設定をご確認ください。
この設定の解像度を高解像度(300ppi)に設定します。これはぼかしなどの特殊な効果の解像度を設定するものです。
スクリーン(72ppi)と高解像度(300ppi)とでは、印刷した際に印刷の細かさが変わってきます。デジタでは全ての印刷をこの高解像度(300ppi)で印刷しています。

3. シャツに色をつけて仕上がりを確認

「下地レイヤー」を使用

右側の丸をクリックすると、下地レイヤーだけが選択されます。

スポイトで色を選択

テンプレートの下部、データ制作の注意事項の一番右側にあるカラーパレットを使用してTシャツに色を付けてみましょう。
ツールパネルの中にあるスポイトを選択し、カラーパレットの色の部分をスポイトでクリックするとテンプレートのTシャツに色がつきます。

乗算を使用して実際の色のイメージを確認する

アイテムのカラーがホワイト以外の場合は、プリントカラーが生地の色の影響を受けて色が沈むため、乗算という機能を使用して実際の色のイメージを確認します。
デザインしたオブジェクトを選択して、透明パレット>乗算をクリックすると反映されます。
※乗算機能は、実際の印刷物と多少異なる可能性がありますので、ご了承ください。

完成イメージを確認する

シャツの色とデザインのイメージ確認ができます。デザインの位置や大きさの微調整など最終チェックを行ってください。

※Tシャツカラーはあくまで参考の色味になります。
実際の商品とは多少異なることがございますのでご了承ください。

4. 文字のアウトラインを作成

最終チェック後に文字のアウトラインを作成します。
レイヤーロックオブジェクト>ロックが解除されていることを確認し、全てのデータを選択(選択>すべてを選択)して書式>アウトラインを作成をしてください。

※アウトライン作成した後からの文字編集はできません。
アウトライン作成前に、後から修正できるようにファイルをバックアップとして残される事をお薦めします。

5.ファイルは圧縮して画像も一緒にデータ入稿

保存した後にファイルを圧縮してデータ入稿してください。
イラストレーターに画像を配置している場合は、使用している画像全てのデータも一緒に弊社にご入稿をお願い致します。

入稿チェックポイント入稿前にご確認ください

[デジタのデータチェックについて]

❶ 入稿データの不備によるトラブルは、制作される方の自己責任が原則です。データチェックにて問題が発見された場合は、原則、お客様にご修正いただき再入稿となります。

❷ 印刷に進行できない問題が発見された場合や、再入稿となった場合は、納期に遅れが生じますので、必ずお客様にてデータをご確認いただいた後にご入稿ください。また、弊社ではお客様のデータ不備により、納期の遅れが生じた場合の責任は一切負いかねますのでご了承ください。

Illustrator必須チェックポイント

入稿前に必ずチェック

注文サイズで作成されていますか?
当社にて拡大・縮小は行っていません。等倍サイズでテンプレートに沿って作成してください。
デジタでは、テンプレートの使用が必須になります。デジタのホームページから無料でダウンロードできるテンプレートを使用し、原寸で制作してください。※注文サイズと同じか必ず確認してください。
フォントのアウトラインは作成されていますか?
Illustratorでご使用のフォントはすべてアウトライン作成してください。
デジタでは、アウトラインの取られていないデータを印刷することはできません。必ず全てのテキストをアウトライン化してからご入稿ください。
リンク画像やドキュメントなど必要なデータが揃っていますか?
リンクで配置した画像は、リンクしている元の画像ファイルもすべてご入稿いただく必要があります。
リンク画像が揃っていないとリンク切れとなり、画像を表示・印刷することができません。イラストレータに配置した画像は全て一緒にご入稿してください。また、リンクでフォトショップファイルを配置する場合は作業中に作成した全てのレイヤーを統合して背景レイヤーにしてください。
カラーモードはプリント方式に合わせたモードになっていますか?
Tシャツ印刷は、プリント方式によりカラーモードが異なります。必ず指定のカラーモードで作成して下さい。
シルクスクリーンプリント、インクジェットプリントの場合はRGBモードでデータを作成してください。また、熱転写プリント、昇華転写プリントの場合はCMYKモードでデータを作成してください。
データは正常に保存されていますか?
印刷に対応したファイル形式[ai/eps/pdf]で保存してください。
保存した後に、データが破損してないか、最終のレイアウトで保存されているか、データを開いて確認してください。

ご注文完了後の
データ入稿ページへ