テクニカルガイド(制作時の注意点)

Adobe Illustrator 印刷においての制作ガイド
DTPの基礎知識 印刷においての制作ガイド
ホワイトデータの作り方 印刷においての制作ガイド

必須チェックポイント※ご入稿の前に、必ずご確認ください。

  • Adobe  Illustrator
  • Adobe  Photoshop

フォトショップ制作ガイド

Adobe社の製品で、印刷会社の多くが使用しているソフトです。デジタではCCまで対応。

1. 最初から原寸400dpi以上で制作

画像の解像度は400dpi以上を推奨しています。
400dpi以下の場合、印刷がぼけてしまったり、ピクセルが出てしまう場合がありますのでご注意ください。

2. サイズにご注意ください

解像度400dpi以上で、原寸サイズで制作してください。
画像のサイズ変更作業はトラブルの原因となりますので、弊社ではお受けできません。
画像に文字が入る場合は解像度800dpi以上を推奨しています。

2. サイズにご注意ください

3. データはCMYK形式

データはCMYKカラー形式か、モノクロの場合はグレースケール形式で制作してください。
RGBは印刷で表現できないため、RGB形式の場合は印刷時にCMYKに分解されてしまいます。

詳しくはこちら

4.塗り足しは3mm以上

4. 塗り足しは2mm以上

データの塗り足しはカットラインの外2mm以上はつけてください。
塗り足しがない場合、カットが少しずれた時にステッカーの下地が見えてしまう場合があります。

詳しくはこちら




ここからが重要です

4.塗り足しは3mm以上

5. カットラインの制作

カットラインは選択範囲をパス化したり、パスツールでベジェ曲線などを描いたりして制作します。
ここでは、比較的簡単な方法(丸形)をご紹介します。




まず、左にあるツールパレットの長方形選択ツールや楕円選択ツールなどでカットしたい形の選択範囲を制作します。
右図では丸形を制作しています。




次にウィンドウ>パスのパスパレットの右上を選択するとサブメニューが表示されます。その中の作業用パスを作成を選択します。






次に同じサブメニューからパスを保存を選択し、名前をカットラインとします。

以上がカットラインのデータとなります。







データ制作時における注意点

カットラインぎりぎり(内2mm以内)には図柄となる経線や文字を入れないでください。
納品形態の台紙ごとカットやマグネット印刷をご希望される場合は、内3mm以内には図柄となる経線や文字は入れないでください。カットがズレた場合に、図柄が切れてしまう恐れがあります。くわしくはこちら

大判ステッカー出力の場合
塗りたしは10mm以上で作成して下さい。
仕上がりギリギリに必要情報を配置されると断裁時に切れてしまったり、加工時に隠れてしまう可能性があるので、必要情報は必ず10mm以上内側にレイアウトしてください。
大判ステッカー出力のカットは四角形のみとなります。

6. 保存形式は何でもOK、
 ホワイトインキを使用する場合はPSD形式

保存形式は基本的には何でもOKですが、レイヤーが複数ない場合は、eps形式やTIFF形式のように保存時に圧縮できる形式で保存するとデータが軽くなります。 また、ホワイトインキを使用する場合は、レイヤーを複数に分けたままの保存が必要になりますので、PSD形式で保存してください。 ホワイトインキの制作方法はこちら

7. ファイルは圧縮してデータ入稿

保存した後にファイルを圧縮してデータ入稿してください。

必須チェックポイントこちら