テクニカルガイド(制作時の注意点)

Adobe  Photoshop 印刷においての制作ガイド
DTPの基礎知識 印刷においての制作ガイド
ホワイトデータの作り方 印刷においての制作ガイド

必須チェックポイント※ご入稿の前に、必ずご確認ください。

  • Adobe  Illustrator
  • Adobe  Photoshop

イラストレーター制作ガイド

Adobe社の製品で、印刷会社の多くが使用しているソフトです。デジタではCCまで対応。

1. カラーモードをCMYKカラーに

1. ドキュメントはCMYKカラーで制作

ドキュメントのカラーモードはRGBカラーとCMYKカラーの2種類があります。RGBカラーとは、テレビやパソコンのモニターを表現する色で、CMYKカラーとは、おもに印刷物に使用されている色です。デジタでもCMYK カラーで印刷していますので、まずはドキュメントのカラー設定をCMYKにして制作してください。

2. Adobe推奨の制作方法で制作

Adobe推奨の制作方法でデザインを制作してください。デジタではお客様が制作されたサイズそのままで印刷致しますので、原寸(仕上りサイズ)で制作してください。

3. ドキュメントのラスタライズ効果設定

3. ドキュメントのラスタライズ効果設定

効果>ドキュメントのラスタライズ効果設定をご確認ください。 この設定の解像度を高解像度(300ppi)に設定します。これはぼかしなどの特殊な効果の解像度を設定するものです。
スクリーン(72ppi)と高解像度(300ppi)とでは、印刷した際に印刷の細かさが変わってきます。デジタでは全ての印刷をこの高解像度(300ppi)で印刷しています。

4.ブラックは「K」のみで制作してください

デジタの印刷では、K(ブラック)が通常のオフセット印刷よりも濃く印刷されますので、「C」「M」「Y」「K」全てに色を入れるリッチブラックや4色ベタは使用しないでください。

5. 文字のアウトラインイメージ

5. 文字のアウトラインを作成してください

デザインを制作したら、レイヤーロックとオブジェクト>ロックが解除されていることを確認し、全てのデータを選択(選択>すべてを選択)して書式>アウトラインを作成をしてください。
※アウトライン作成前に、後から修正できるようにファイルをバックアップとして
 残される事をお薦めします。
(アウトライン作成した後からの文字編集はできません)



ここからが重要です

6. カットラインの制作

6.カットラインの制作

カットラインデータはレイヤーパレット>新規レイヤーを作成して、レイヤー順を一番上にしてください。
レイヤー名はカットラインとしてください。 ※カットラインの線の色は何色でもかまいませんし、パスデータがあれば色がついていなくてもかまいません。

7.塗り足しは2mm以上

大判ステッカー出力、UVステッカー印刷の場合は異なります。
データの塗り足しはカットラインの外2mm以上はつけてください。
塗り足しがない場合、カットが少しずれた時にステッカーの下地が見えてしまう場合があります。詳しくは こちら

データ制作時における注意点

カットラインぎりぎり(内2mm以内)には図柄となる経線や文字を入れないでください。
台紙ごとカット・マグネット印刷をご希望される場合は、内3mm以内には図柄となる経線や文字は入れないでください。カットがズレた場合に、図柄が切れてしまう恐れがあります。詳しくはこちら

大判ステッカー出力の場合
塗りたしは10mm以上で作成して下さい。
仕上がりギリギリに必要情報を配置されると断裁時に切れてしまったり、加工時に隠れてしまう可能性があるので、必要情報は必ず10mm以上内側にレイアウトしてください。
大判ステッカー出力のカットは四角形のみとなります。

8.画像も一緒にデータ入稿

イラストレーターに画像を配置している場合は、使用している画像全てのデータも一緒に弊社にご入稿をお願い致します。

必須チェックポイントこちら