ラベル印刷のデジタホーム > 紙の特徴 > 紙素材シール(非耐水)

紙素材シール(非耐水)

上質紙〔非耐水紙〕

上質紙の特徴

上質紙の特徴

コーティングをしていない化学パルプだけで製造した紙です。コピー用紙のような、ツヤのない紙です。もっともスタンダードな紙で様々な用途に使われています。写真・グラデーションなどの階調表現には向きません。またインクが紙に吸収され、少しくすみ、にじんだような仕上りになる場合があります。

おすすめ用途 和菓子/日本酒・焼酎

※全面ベタや、全面写真の場合は紙の質感が損なわれる場合がありますのでご注意ください。

 

アート紙〔非耐水紙〕

アート紙の特徴

アート紙の特徴

上質紙をベースにグロス系塗料を塗布した、最もポピュラーな紙です。表面にコーティングを施してあるので写真などの階調表現に適しています。インキの乗っている部分には少し光沢が出ますが、ミラコートほどの強い光沢は出ません。落ちついたイメージの商品ラベル、店名シールなどに。

おすすめ用途 写真ラベル/調味料ラベル/品質表示/バーコード等

※全面ベタや、全面写真の場合は紙の質感が損なわれる場合がありますのでご注意ください。

 

ミラコート紙〔非耐水紙〕

ミラコート紙の特徴

ミラコート紙の特徴

一般名称「キャストコート紙」と呼ばれ、アート紙に比べて、さらに表面の光沢とツヤのある紙です。紙自体は鏡のような光沢ですが、印刷をした部分はインキが紙に盛られるように印刷されるため、質感が損なわれる場合もありますのでご注意ください。インクは紙に染み込むことなく、綺麗に表現されます。

おすすめ用途 写真ラベル/調味料ラベル/品質表示/バーコード等

※全面ベタや、全面写真の場合は紙の質感が損なわれる場合がありますのでご注意ください。

 

合成紙-ユポ-〔耐水紙〕

合成紙の特徴-ユポ-

合成紙-ユポ-

ユポとは「株式会社ユポ・コーポレーション」の持つ登録商標であり、同社製合成紙の商品名である主原料はポリプロピレン(PP)樹脂。
水に強く、破れにくい為、水廻りなどにも使用されます。しかし屋外での耐候性にはあまり優れず、屋外(日光が当たる場所)で使用すると1年ぐらいでヒビ割れてきてしまう恐れがあります。質感はマット調。

おすすめ用途 屋内ステッカー/お風呂や台所などの水廻用途等

※全面ベタや、全面写真の場合は紙の質感が損なわれる場合がありますのでご注意ください。