1. 印刷通販デジタTOP
  2. テクニカルガイド
  3. フォトショップデータの注意点

シール印刷にご利用可能なクレジットカード

同人グッズはデジタクリエイト

作ってみたいを応援!印刷の豆知識!

NP掛け払い

デジタ公式Twitter

デジタ公式instagram

印刷以外のサービス

シール印刷のデジタコーポレートサイト

digitagames

テクニカルガイド/フォトショップデータの注意点

「Photoshop」データ”必須”チェックポイント

カットラインは作成されていますか?

当社にて拡大・縮小は行っていません。原寸サイズ・ご希望の形で作成してください。

デジタでは、カットラインというレイヤーが必須になります。カットラインにはお客様がご希望のシールの形を原寸で制作してください。

画像は統合されていますか?

作業中に作成したすべてのレイヤーは、画像を統合して1枚の背景レイヤーにしてください。

ホワイトインク以外のレイヤーは1枚の画像として統合されていますか?テキストレイヤーや非表示レイヤー等の不要なレイヤーを残しておくと、トラブルの原因となることがあります。

データは正常に保存されていますか?

印刷に対応したファイル形式[psd/eps]で保存してください。

保存した後に、データが破損してないか、最終のレイアウトで保存されているか、データを開いて確認してください。ホワイトインクを使用する場合はPSD形式で保存してください。

カラーモードが「CMYK」か「グレースケール」になっていますか?

データは必ずCMYKかグレースケールで制作してください。

RGBカラーモードで入稿された場合、弊社の基準に基づきCMYKカラーに自動的に変換いたします。また、特色(スポットカラー)で入稿された場合も同様に、CMYKカラーに変換いたします。

ドキュメントのカラーモード

「塗り足し・余白」などカットズレを想定して作成されていますか?

紙のフチまで印刷をするためには塗り足しが必要です。また、カットライン付近に切れては困る文字や デザインがある場合は必ず規定の余白が必要です。

紙の収縮や印刷機・加工機の都合上、どうしても多少のカットのズレが発生することがございます。そのため断裁・カットズレを想定したデータ作成が必要となります。「塗り足し」や「余白」が弊社の推奨している数値を満たしていない場合でも、基本的にはそのまま印刷工程へと進めさせていただいております。

断裁とカットズレについて

テクニカルガイドTOPへ